スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
展望山~東雲湖
- 2009/11/22(Sun) -
裏側に廻り、強風地帯は抜けました  前方には展望山。
この辺りに来るまでの下りが、これまた木々をくぐったり、岩場を越えたり
崩壊したところがあったりで。(画像は余裕なく、なしですが
あとはひたすら笹薮を歩くのですが・・・・・・

IMG_2565.jpg

IMG_2563 1
この辺り、右手が谷になっていて足元が笹に覆われよく見えず。
路肩ギリギリに着地するとズルっとすくわれ・・・・・


やっと然別湖方向と展望山方向への分岐を過ぎ・・・・・・・
(白雲山頂から分岐まで20分とありますが、倍位かかった気が
IMG_4171.jpg
展望山頂へは、また笹薮の登山道。
この辺りは足場が悪いという事はないですが結構長い~~っ 暑ちーーっ


ハァ~~~やっと山頂!
IMG_2581.jpg

IMG_2578.jpg
白雲山頂よりウペペサンケ山が間近に迫り迫力!
しかし感動も束の間・・・・ここも風がーーーっ!
結局、お昼ご飯を展望山でも食べ損ね、バナナだけ食べて東雲湖(しののめこ)へ


山頂での気候には恵まれませんでしたが、我が家初の縦走!
取り合えずは達成出来て充足感! あとは下るだけだしね~と呑気にしていましたが・・・・・・


IMG_2598.jpg
こんな箇所があったり・・・・・・・(見た目は凄いですけど、実際歩く所はそうでもだけど


IMG_2612.jpg
こんな中空洞のトランポリンのような所を渡る箇所もあり・・・・(ここはズボっと抜けそうで怖かった
お決まりの笹薮ロードはピンクテープをよく見てないと、わからなくなりそうだし


IMG_2608.jpg
何度か東雲湖が木々の間から見えるのだけど、また遠のく?ようなコースを辿り・・・・・・


IMG_4181.jpg
この日3度目のハァ~~~~到着!(笑

<東雲湖メモ>
大雪山国立公園内の唯一の自然湖。周囲0.8kmほどの湖というよりは沼という感じ。
北海道では支笏湖近くのオコタンペ湖、阿寒のオンネトーとともに北海道三大秘湖に数えられ
三大秘湖の中では唯一、直接の連絡道路がない湖。
湖内には葦が生えており、流入流出する河川がないため、枯れたヨシが湖底に溜まり
その結果陸化が進んでおり、いずれは消滅する可能性があると言われている。



IMG_2626.jpg

PA123930.jpg
緑の芝生のように見えるのは熊笹。風が吹くたび笹のウェーブが起こり・・・・・・
風の音の他は静寂の世界。奥深い神秘的な光景に感激。

そしてそんな中、ここにもあの可愛い子達が棲んでいるのです♪

IMG_2631.jpg
やっぱりナキちゃん♪

IMG_2632.jpg
東雲湖が近づいた登山道では鳴声も聞こえてたのだけど姿は見えず。
でも背後に秘かな気配を感じつつ♪やっと遅い昼食。


さぁ帰り道は湖沿いを通って帰りましょ・・・・・・
そう実は湖沿いは平坦なコースで片道90分位。
今回、私達は・・・・・登山口→白雲山(1時間20分※標準タイムほぼ同じ)
            白雲山→展望山(1時間35分※標準タイム50分)
            展望山→東雲湖(1時間※標準タイム40分)

休憩を含め4時間30分かけて東雲湖まで来たのでしたぁ~。
思ったよりデンジャラス?アドベンチャー?なコースだったけど、ここまで辿り付けてよかった!
長い道のりも秘湖のありがたみを感じるというもの・・・・・!?

まぁ何度も言いますが30%増量ですので、これでも初心者コースな筈。
我が家がピーピーと騒ぎ過ぎなのでしょう
でも今度はハイキング気分で行ける湖沿いのコースにしようっと

スポンサーサイト
この記事のURL | 山紀行 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<鵡川with師匠(その1) | メイン | ~白雲山>>
コメント
--
達成感が伝わってきますよ~。
頑張ったご褒美!!のような景色は
忘れられない思い出になるねっ♪♪
2009/11/23 10:15  | URL | きょーこ #-[ 編集] |  ▲ top

--
白雲山~展望山~東雲湖コースは、我家初の縦走でありました。
白雲山頂上では強風であおられ、東雲湖へ向かう途中は笹薮で阻またり苦難の道程でした。
苦労した甲斐があったのか、神秘の湖「東雲湖」はまさしく絶景で、今年一番の感動!
akiちゃん、てっち、この日は本当にお疲れさま。
また、3人でこの感動を分かちあおう。
きょーこさんにはお世話になり、ありがとうございました。
2009/11/23 20:39  | URL | えーいち #-[ 編集] |  ▲ top

--
ありがとう~♪
東雲湖は今度はぜひ、きょーこちゃん達と来たいね~と
この帰り道にダンナと話していたのよ~。
あっ、もちろん湖沿いのコースでね。(笑
(いやそれとも、お山のアドベンチャーにもも挑戦してみる?^^;)
湖沿いのコースも春のお花の時期なんかよさそう♪
ご主人とも機会があったら行ってみてね。^^

2009/11/24 01:25  | URL | きょーこちゃんへ(aki) #-[ 編集] |  ▲ top

--
ダンナよ・・・・なぜそんなお堅い文なのだ?(笑
そして随分仲良さそうに思えるじゃないの。
このコメントのちょっと前までケンカしてたというのに。(笑←っておこう一応^^;)
まぁ日常の揉め事も山あり谷あり、この時のデンジャラス&アドベンチャーな道のりと同じ?
何とか乗り越えていきましょう・・・・・・。^^
ケンカも感動の光景も我が家の歴史!?
じじばばになってもボケてっちと一緒に感動を分かちあえるといいね!
(という事でまとめておこう。ちょっとまだ腹の虫が収まらないが。ブツブツ・・・・^^;)
2009/11/24 01:32  | URL | ダンナへ(妻より) #-[ 編集] |  ▲ top

--
や~、山あり谷あり岩場に倒木あり...
素敵な道のりを共に経ていらっしゃって、良いですね!
芝のような緑が笹原かぁ。
静寂の中で、風に笹が囁いているんですね。
北海道は、広くて、そして神秘的です。
2009/11/24 02:42  | URL | 大阪/みー #-[ 編集] |  ▲ top

--
えーいちさん、あきちゃん
私も一緒に行きたいです♪♪
本当にいつもどうもありがとう(ペコリ)
山に登るには、こちらに来てから増えた分の体重を落としてからじゃないと、お尻が重くて2人の足を引っぱるかも・・。
頑張って元の体重に戻しますので、一緒させてくださいね♪♪
2009/11/24 09:27  | URL | きょーこ #-[ 編集] |  ▲ top

--
“風に笹が囁いてる”・・・・・う~んさすが!
こんなへたっぴーな写真からそう感じて頂けると嬉しいですわん。
※ズームで撮った画像が出てきたので追加しました。
わかりづらいけど^^;白っぽく見えるのが笹が倒れてウェーブしてる様子。

熊笹って丈がよくわからないけど人がすっぽり隠れる位?
向こう岸にはきっと人が足を踏み入れた事のない世界なのでしょう。
自然が創った水が満ち背後には太古から棲むナキウサギの気配。
なーんか無になるようなタイムスリップしたような不思議な空間でしたよ。
きっとみーさんの好きな感じかも♪^^

北海道、いいのでしょうね~。
でも北海道しか知らないのでみーさんの地域の自然もどんなだろうって想像します。
私のとっては憧れですよ~。^^
2009/11/25 09:03  | URL | みーさんへ(aki) #-[ 編集] |  ▲ top

--
私達は4時間半もかけて行ったので感動もひとしおだったけど。
歩いて行かないと見られない光景だからこそいいのかも♪
きょーこちゃんにも見てほしいわぁ~。^^
その日まで筋力アップアップ!あっ体重はダウンダウンなの!?(笑
私も山歩きすると、身軽なてっちに抜かされ「まだ?」って顔。憎たらしーっ!(笑
2009/11/25 09:10  | URL | きょーこちゃんへ(aki) #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://greendays765.blog19.fc2.com/tb.php/90-396de883
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。