アポイ岳(山麓~馬の背)
- 2009/07/31(Fri) -
翌朝、予報通り空ですが穏やかな朝です。
宿泊は「アポイ山麓ファミリーキャンプ場」のバンガローでした。

なんだかんだで入山したのは遅くなってしまいましたがビジターセンターでお会いした既に下山した方の
お話では山頂は晴れてるよとの事!展望も期待出来るでしょうか~♪


P7203071 1
最初の小川で靴底を綺麗にして・・・・・・・

5合目までは樹林帯の中を歩きます。
整備された歩きやすい登山道で休憩所(ベンチ)が何箇所もあります。

IMG_3073 1

<アポイ岳メモ
アポイ岳は標高810mの高い山ではないですが、夏期に海霧に覆われやすい為、気温が上がらず。
本州中部なら2,500m以上、北海道でも1,000m以上の高いところにしかない高山植物が
場所によっては300mくらいの所で見ることが出来る。
これはるカンラン岩の地質による影響が大きいと考えられ、世界でここでしか見られない花も。
また積雪量が少なく雪解けが早く初雪が遅い為、5月初めから10月頃まで日本で一番早く、
一番長く高山植物を楽しめる山でもあります。


P7203086 1
ツルアリドオシ・蔓蟻通し(アカネ科)初見♪
普通は白ですがこの花はピンクがかってました~♪樹林帯で沢山見られました。


そして少し進むと・・・・・・・おや?あの姿は♪

IMG_3071 1

IMG_1602 1
何やら美味しそうな餌があったのか?一生懸命掘り起こそうとして
近づいても離れようとしません。


IMG_1608 1
随分近づいて・・・・・・・・

IMG_1607 1
ペロリと舌舐めづり♪ようやくどいてくれました。可愛いお尻


IMG_1609 1
実はお母さんがすぐ側にいたのです~。
お母さんも警戒する様子がなかったので安心してご飯を食べていたのですね♪
でも道東の深刻な畑作被害や知床の貴重なスミレが食され減りつつあるらしいとの事で喜んで
ばかりもいられないのですが・・・・・・・・・
おぉ~子鹿ちゃんでまた長くなってしまった 先に進まねば!

登山道は歩きやすいのですが、昨日までの雨なのか?湧き水なのか?所々浅い水が
道の傾斜に沿って流れていてが濡れてしまい・・・・・
綺麗な水なのでたいした事はないのだけど、ダンナが何やらブツブツ・・・・・だんだん妻イライラ
と、些細な事からなぜか!?夫婦喧嘩勃発!
売り言葉に買い言葉と買い物上手の夫婦?は一合近くバラバラに歩く事に・・・・・・・
おぉ~だからこんな話はどうでもいいって 先に進まねば!

5合目の避難小屋を過ぎると視界が開け、登りが急になりますが高山の花達が咲き始めます。


P7203226 1
イブキジャコソウ・伊吹麝香草(シソ科)初見!
この花は沢山見られました~♪


P7203124 1
こちらもこんもりと沢山咲いてたキンロバイ・金露梅(バラ科)
黄色の花が眩しく輝いてました


P7203112 1
雨で傷んでる花が多かったけど、まだまだこれからのサマニオトギリ・様似弟切(オトギリソウ科)


そして花写真からもおわかり頂けるように5合目から晴れ始めました~
振り返ると、それは素晴らしい展望!・・・・・・・続く!

スポンサーサイト
この記事のURL | 山紀行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アポイ岳(5合目~馬の背稜線) | メイン | 7月の3連休は・・・・・・・>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://greendays765.blog19.fc2.com/tb.php/69-f85774b9
| メイン |