スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
路線バスで行く札幌の花見(その2)
- 2017/05/17(Wed) -
DSC06054.jpg
ご飯のあとは次の目的地へ~ スタジアムの手前の園路を右に入り、真駒内川にかかる緑橋を渡ると・・・・・・



DSC06065.jpg
この辺りは太陽の広場というのかな?
こちらの方は初めて歩きますが、この辺りも結構、桜がありますねー♪


DSC06056.jpg
カツラの可愛い葉も(よく見るとハートですよん)キラキラ


そして国道453号に出て支笏湖方面に少し歩くと・・・・・・・・・・・・・

DSC06069.jpg
「エドウィン・ダン記念公園」です。


DSC06074_201705091158549be.jpg
大きな公園ではありませんが、池があったりして、なかなかいい雰囲気です。
私達は国道453号に出て歩きましたが、真駒内公園内の真駒内川沿いに伸びるサイクリングロードの最終地点?が
ちょうどこの公園の近くでした。


DSC06079.jpg
池に枝を垂らす結構大きな枝垂れ桜も1本あり、これからというところでしたので、満開になるとまたよさそうですよ(^_^)


DSC06082.jpg
そして、これ! どうなってるかわかります??
ぱっと見はイチイ(オンコ)の樹と桜の樹が前後にあるように見えますが
実はオンコの幹から桜の幹が生えてるのです。
後ろの建物はエドウィン・ダン記念館。
私達はそんな方がいらしたのも記念館があるのも初めて知りましたが
どういう方かというのは後ほど・・・・・・・・・


DSC06083 4
右側の太い幹の股の真ん中から桜の幹が生えてるのがわかりますか?
更に興味がある方はクリックすると大きくなります(笑)


DSC06084.jpg
ということで、この樹は「ンコ桜ちゃんなのでした。
面白いですね~♪


DSC06089.jpg
そしてカップルさんが写真を撮っているのは~~~~~


DSC06105_20170509130121fdc.jpg
「緑町緑道」

この用水路は北海道開拓使に招かれた外国人指導者のひとりエドウィン・ダンさんの提案により明治12年に
真駒内牧牛場への給水を目的として作られたそう。
その後、水田の灌漑にも利用されるなど、北海道における水稲栽培にも重要な役割を果たしたそうです。


DSC06103.jpg


DSC06106.jpg
どうですか~?なかなかいいっしょ!!!(笑)


DSC06100.jpg
生活道路として慣れ親しまれてる地元密着型の桜の名所かな♪
チラホラとカメラ片手にいらしてましたが、のんびりとした感じでした(^_^)


DSC06114_20170509135840a3b.jpg


DSC06111.jpg
いいわぁ~~~~~ほんと、待ちわびてたのよーーーんヽ(≧∀≦)ノ


緑町緑道の場所はこちら
エドウィン・ダン記念公園からも消防署脇から水路沿いに入れます。
調べると20年位前までは報道関係者が記事にするために来るくらい美しかったそうですが
樹齢を重ね衰弱したのか?切り株が幾つか・・・その隣に幼木が植えられておりました。
最近、樹齢の寿命で桜の名所がもうそう長くは観られないなんて話も耳にします。
(クローンのソメイヨシノが弱い?)うーん、詳しくはわかりませんが長く鑑賞できるといいな。


この後、真駒内駅まで歩いて、バスで自宅へ。
路線バスの旅!?なかなか楽しいです(^_^)v ・・・・・・ということで!?第2弾もあります(笑)
スポンサーサイト
この記事のURL | 道央 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<路線バスで行く札幌の花見~第2弾!(その1) | メイン | 路線バスで行く札幌の花見(その1)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://greendays765.blog19.fc2.com/tb.php/346-e05362ae
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。