スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
筑波山(後編)
- 2014/08/19(Tue) -
DSC01658.jpg
岩場が現れ、御幸が原から男体山と同じく15分で~~
DSC01656.jpg
女体山の山頂です!
標高877mと男体山よりちょっと高い位ですが、岩がせりだしており、高度感はなかなかです。
人が入れ替わりいた事もありますが、岩の先端には、ちょっと怖くて行けませんでしたー(笑)
(ちなみに本殿脇の階段は狭く、紅葉シーズンなど観光客も多く訪れるピーク時は山頂付近は渋滞するようです。)

DSC01657.jpg
こちらはつつじヶ丘のロープウェイ駅方面。
下山はこちらに向かいます~


DSC01661.jpg
今までにも見たことあったような、なかったような??
女体山本殿近くで、コバギボウシかな~


DSC01662_20140817200720912.jpg

DSC01663 1
女体山頂上からつつじヶ丘へは白雲橋コースを進み
分岐をおたつ石コースに下ります。
白雲橋コース~おたつ石分岐辺りまでは上画像のように
岩ゴロが連続しています。その間、私達の足で45分位ですので
慣れてる方は大丈夫かと思いますが、出来ればポールがあった方がいいかも?

ちなみに同僚は今回はゼビオスポーツオリジナルブランドのダブルポールも購入しており
縮めると約49cm。価格1万ちょっと。
いつもスーツケースに四苦八苦で詰めてるので、かなり惹かれてるのであります~(笑)
(あと、3分割収納タイプ(と言うのか?)も検討しましたが、私には組み立て後の全長が長そうで)



さて筑波山には、先ほどのガマ岩のように名が付いてる巨岩が多くあります。

DSC01664_2014081720511252c.jpg
『大仏岩』
結構、頭上の高い位置にあります。看板を見逃すと気付かないかも?


DSC01675_20140817205346a83.jpg
『母の胎内くぐり』
岩を抜けることで、生まれた姿に立ち返ることを意味しているといわれてるそうです。


DSC01677.jpg
『弁慶七戻り』
頭上の岩が今にも落ちそうで、弁慶も七戻りしたといわれている石。
聖と俗を分ける門だともいわれています。

上画像の巨岩は女体山頂上から下山の白雲橋コース上、おたつ石コース分岐間までに見られました~
他にも色々あるのですが、この三つが面白かったかな?詳しくはこちら


DSC01679.jpg
女体山頂上から1時間位で、白雲橋コースとおたつ石コースの合流地点の弁慶茶屋跡まで来ました~
ここで保冷剤で冷やしておいたゼリーで少々休憩♪


DSC01685.jpg
弁慶茶屋跡から20分位下ると視界が開けてきました~ 
見えてるのはロープウェイつつじヶ丘駅です。


DSC01689.jpg
シモツケソウでいいのかな~


DSC01690.jpg
ナツトウダイ?

時期的に花はあまり見られませんでしたが、筑波山は春にはカタクリが群生し、中腹には1000本の梅林園。
5~6月には筑波山でしか見られない固有種のホシザキユキノシタ。
晩夏にもダイモンジソウ・センブリ・アケボノソウなどの可愛い花々が観られるようです。
(詳しくはこちら。春夏秋のフォトギャラリーから花の様子がわかります)


DSC01693.jpg
14時51分、つつじヶ丘に下山です。

女体山~つつじヶ丘1.8㎞。弁慶茶屋跡からは1km。標準タイムは下り70分です(登りは80分)。
私達は女体山頂上から下り90分。御幸ヶ原からは休憩含まず110分位。
あまり参考にはならないかもしれませんが、ケーブルカーで御幸ヶ原に到着が10時50分頃だったので
コマ展望台での1時間休憩や、女体山頂上や弁慶茶屋跡での休憩を含め今回の行程は4時間でした~



DSC01694.jpg
つつじヶ丘からレンタカーを駐車してる筑波山神社まではシャトルバスで移動です。
春秋は30分毎、夏冬は1時間に1本の為、待ち時間にならないよう15時発に乗るのに、最後はちょっとアセアセ~(^_^;)


DSC01697.jpg
バス乗車10分程で筑波山神社入口に到着。
レンタカーを駐車したお土産店の食事処でかき氷~(≧∇≦)
ちょっと氷多いかも、頭痛くなる~などと言いながら
なんのその・・・・・軽く完食っす!(爆)


DSC01701.jpg
レンタカーでつつじヶ丘方面に少し戻って、日帰り温泉施設の『つくばの湯』。
(筑波山神社前バス停から徒歩15分位。神社前から送迎バスもあるようですがHPには載ってないので要確認で)
平日ということもあり空いていて、露天風呂から左に見える筑波山も独り占め~♪


DSC01707.jpg
温泉のあとは同施設の食事処で晩ご飯。同僚はあっさりお蕎麦にしましたが、私はしっかり「つくば御膳」。
これまた完食!美味しかった~♪
今回、レンタカーにしたのはこれも目的!
シャトルバスだと最終が17時10分。つつじヶ丘から移動を考えると温泉&食事はかなり慌ただしい。
とういことで、さっぱりゆっくり出来てよかったです(^_^)v


DSC01708.jpg
つくばの湯の玄関口から筑波山~
下山のみではありますが、暑い中、まぁがんばったよね~と、お互いを讃え合い(笑)筑波山をあとにしたのでした!(^_^)/


次回も「つくば」編です。つくばといえば・・・・・・・・・・???
近日中にUPします~♪
スポンサーサイト
この記事のURL | 道外 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<つくばといえば・・・・・・ | メイン | 筑波山(前篇)>>
コメント
-凄い岩!-
またまたakiさん、こんばんはです。

Oh! 今度は女体山。
山頂は崖っぽくなっていて、眺望が良さそうですねー。
確かに端は怖そうです。でも、行ってみたい!(笑)

登山道で見られる岩、こりゃ凄いですね。
大仏岩は地震で落ちて来ないのか? とか、母の胎内くぐりの岩は、下の小さな岩が潰れないのか? とか、弁慶七戻りって、別に弁慶はおかしくない!あんたは正しい!って言いたくなるような(笑)。
で、最後に笑ったのが「つくば御膳」!
蕎麦の同僚さんに比べて、こりゃすごい!!
いやぁー、動いた後は食事がうまい。とか言いながら食べていたでしょー?!(笑)
アハハッ。(^o^) いやはや、楽しませていただきました。

By 南波隊長、JAXA大好き!
2014/08/20 22:12  | URL | 隊長 #qZoO7Gjo[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます!-
つくばですかー。筑波って行ってみたい所なんです。
いろいろな研究所とか科学館系とか見学して、山へ~
なんて思ってたら、akiさん実行してきたんですね!
私も隊長さん↑と同じく、あっちからもこっちからも落ちてきそうな大岩に
どひゃ!絶対ここ通りたくない!と思いました。
実際はけっこう安定してるのかな?でも遠くからあれが見えてきたら
ほんと後ずさりしたくなりますね~。

次回も楽しみです!
2014/08/23 07:11  | URL | mori #fpwaLjMk[ 編集] |  ▲ top

-隊長さんへ-
女体山、なかなかの高度感でしたよ~(^_^)/
若い山ガールの方達は端まで行ってポーズを撮ってました。
若くない山ガール(笑)は内側で記念撮影しました。
もっとすっきり晴れていれば、かなり眺望もいいようで
ご来光登山をする方もいるようですよ~♪

筑波山は他にも名称が付けられた大岩が多いのですが
面白そうな岩をピックアップしてみました。
中でも載せたのは、隊長さんのご心配とおり(笑)大丈夫かいっ!です。
『弁慶の七戻り』では外国人さんが「オーマイガー!」とかなんとか言いながら(たぶん?笑)記念撮影してましたよ。

つくば御膳、私は山女子の域を超えて、山おやじです(笑)
温泉では、もちろん「あ〝ぁ~~~」とおじさんの唸り声?でつかりました(笑)
2014/08/24 11:02  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-moriさんへ-
moriさん、こんにちは~♪

お~、確かに色んな研究所があって、つくばは学術女子!?でもあるmoriさん向きです♪
記事では触れませんでしたが、研究機関の見学に便利な1日乗降自由な周遊バス「つくばサイエンスツアーバス」が土日に限りありますよ。
今回、宇宙関係はちょっと行ってきました。
小学生レベル(いや以下?)の学習ですが(^_^;)(笑)見てください~♪

「弁慶七戻り」どひゃー!ですよね(笑)
安定してそうですが(なのでしょう?登山道としてますし)
やはり足早に駆け抜けたくなりますよね。
ちょっとアトラクションっぽく楽しめますよ♪
名称がまた面白いですよね~(^_^)v
2014/08/24 11:26  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-moriさんへ-
「サイエンスツアーバス」記事にリンク追記しました~(^_^)/
2014/08/24 11:59  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-ありがとうございます!-
おお~!1日乗り放題ですか!
これがあれば、1日たっぷり見学してたっぷり楽しめそうですね~。
行きたい行きたい!
2014/08/27 19:36  | URL | mori #fpwaLjMk[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://greendays765.blog19.fc2.com/tb.php/329-1d52b385
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。