スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
筑波山(前篇)
- 2014/08/19(Tue) -
どっはーー また、とんとご無沙汰しておりました(^_^;)

あいだ何をしてたかと言いますと、実家の母が転んで足と手を骨折。入院やら自宅療養やら。
その間に90歳の父も最近は時々老人ホームにショートステイに行ってるのですが
母の入院でショートステイならぬロングステイ。
急遽なことで父の方にも衣類を届けたり様子を見にいったり・・・・・・・
幸い、母のこれまた高齢の姉二人が交代で世話をしにきてくれ、兄夫婦も応援してくれたのですが
なにかと慌ただしく落ち着かず・・・・・・・・・・・・
骨折から約2か月。まぁ完治までは行きませんが、やっと身の回りのことを一人で出来る位には治ってきたので一安心。

と、そうこうしている内にあらら、夏の出張時期(~_~;)
ということで、東京へ行ってまいりました~(といっても、もう結構前の(^_^;)7月末です)
そして、今回の関東出張登山!?は日本百名山の筑波山です!

筑波へは秋葉原から「つくばエクスプレス」で約50分。
今回は他ホテルが何か団体が入ってたのか?予約が取れず、「つくば」駅一つ手前の「研究学園」駅の東横イン宿泊。
筑波山へは「つくば」駅から「筑波山神社前」までシャトルバスで40分なのですが、今回は軽自動車をレンタルしました。
レンタカーは東横イン提携会社なので、基本料金の15%割引だったり色々と無料サービスもあり。
旅の連れの同僚と2名分の筑波山までの交通費比べても大差なく移動時間も短縮できて、よかったと思います。
(興味のある方はこちら
ちなみに今回は前後日につくば駅に寄る日程だったので(どこへ行ったかは後ほど・・・・・)
24時間で借り(6時間や12時間も可能です)筑波山の翌日につくば駅前の営業所に返却しました。

前置きが長くなりましたが、そんなこんなで2日目の朝、レンタカーでホテルを出発~!
運転は私めが担当。つくば周辺の道は広く整備され交通量も多くなく、慣れない土地でもさほど不安なく
走れたのですが、ナビが古く、筑波山への新道?らしき道が載っておらず・・・・・・・
道案内の看板通り走り(途中からナビ的には道なき道を走りΣ(゚∀゚*) )まぁ無事に登山口の筑波山神社前に到着。
しかし幾つかある市営駐車場の入り口がわからず。結局、後続車が着いてきてることもあり、お土産店の有料駐車場の
おじさんに、ここに入るのが当然とばかりと!?誘導されるままに駐車(゚∀゚*)
まぁ、結果的には料金同じで筑波山神社からも近く、ちょっと寄り道したかった場所からも
最短ルートで近かったので、よかったのですが、ちと珍道中を楽しみましたヾ(;´▽`A``


DSC01607.jpg
で、寄り道はどこかというと「つくば道」~

筑波山は江戸城からみると北東の方角の鬼門にあたり、かつて徳川家康は「鬼門の護り」として筑波山をあがめ
中禅寺(現在の筑波山神社)を祈願所に定めたとのこと。
三代将軍家光が堂社を一新する工事にとりかかり、このとき、資材運搬路として整備されたのが「つくば道」。
後に中禅寺への参詣道となって江戸方面から多くの参詣客がこの道をたどり、筑波山に詣でることになったそう。
(画像は筑波山神社近くの終点付近です)※興味のある方はこちら


DSC01609.jpg
そして、上画像の場所からほんの少し下ると左手に『旧筑波山郵便局』
※場所はこちら(改めて地図で確認すると、どうやら「お食事いしはま」という店に停めたようだ(^_^;))

昭和14年に建てられた趣のある建物ですが、昭和50年に引退。33年間閉まっていたそうですが
筑波大学の学生さんと地元住民の手によって修復・再利用が進められ、イベント等の時だけの開館してるそうです。
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、出入口の屋根の装飾に〒マーク。
出入口のガラス戸や右の窓の枠にも〒マークが隠れてます。遊び心が楽しいですね♪(^_^)v


DSC01618_20140817154857045.jpg

DSC01623.jpg
では、筑波山神社で参拝~


DSC01624.jpg
神社を抜けて少し進むと、筑波山には幾つかのコースがありますが、右の鳥居を進むと御幸ヶ原コース。
(他、コース案内はこちら)左に進むとケーブルカー宮脇駅。
どちらに進むかというと・・・・・・・・・・・やっぱりケーブルカーですね。なんといっても暑いですからヾ(;´▽`A``


DSC01626.jpg
関東の参拝のお山ではお馴染み?のケーブルカー。
最近じゃ乗り慣れた感が!?もう、おだりまくったりはしませんよ~(ほんとか?笑)


DSC01628.jpg
線路脇にはこれまた、この時期お馴染みのアジサイ~(はい、いつも真夏ですから!笑)


DSC01638.jpg
すぐに筑波山頂駅。この広場が御幸ヶ原のようです。
まずは画像に見える電波塔?がある辺りの男体山の山頂に向かいます。


DSC01633.jpg
男体山へは御幸ヶ原から15分ほどですが、途中、岩がゴロゴロとした
ところもあり、ヒールなどでは行かない方がいいかと。


DSC01634.jpg
標高871mの男体山に到着。


DSC01635.jpg
ここからの眺望はちょっと木々に阻まれる感じですね。
でも、実は先ほどの御幸ヶ原からの画像は男体山から戻った時ののもの。
ケーブルカーから降りた時は怪しい黒っぽい雲も辺りにかかっており、予報では晴れでしたが大丈夫かな?
ともちょっと思ったので、まずまずになってよかった(^_^)/


DSC01637.jpg
御幸ヶ原に戻り、コマ展望台へ~(一階が売店、2階がレストラン、3階が展望台)


DSC01645 1
展望台から関東平野~!
遠景は霞んでますが、左奥が霞ヶ浦のようです。

DSC01647.jpg
こちらは反対側。方角もよくわかっておらず、見えてるのがどこかわかりませんが(^_^;)
加波山方面と言うのでしょうか~?

DSC01648_201408171828552da.jpg
御幸ヶ原にはお土産屋や食事処もあります。


DSC01643.jpg
私達はコマ展望内のレストランで、早めのお昼~♪
ちなみにこのレストランは360度回るはずなのですが、この時は?回ってませんでした。
子供の頃を思い出し、ちょっと楽しみにしてたのですが残念・・・・・(笑)


DSC01651.jpg
腹ごしらえをしたら、女体山に向かいます~

この日は30℃位だったでしょうか?もちろん暑いには暑いですが、前日の到着時はお天気も不安定で
(東京では夕方にゲリラ豪雨に見舞われてました)湿度が高く、まとわりつく蒸し暑さだったのですが
この日は湿度も落ち着き、低山とはいえ木陰では、まだわりと過ごしやすかったです(&吸血系の虫もほぼおらず)


DSC_0852 1
女体山頂上に向かう途中、『ガマ岩』
口のように見えるところに小石が乗ると金運があがるということで、必至な私。
4回目でやっと乗りました(笑)


DSC01654.jpg
女体山本殿の脇を上がると・・・・・・・・・・


後編につづく・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | 道外 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<筑波山(後編) | メイン | 樽前山(その3)>>
コメント
-Oh! TSUKUBA!-
akiさん、こんばんはです!

始まりましたね。夏の出張シリーズ(笑)。
今回は筑波山でしたかぁー。いやぁー、いいねー。

もちろん、私は登ったことが無い山です。
だから、見るものすべてが珍しいのでありマース。

旧筑波山郵便局、瓦屋根ですね。風情があります。
神社、立派です。お寺みたいです。
ケーブルカー、私も箱根で好きになりました!(笑)
男体山への登山道は、これまた随分と山っぽいですね。
ほかに登っている人っていましたぁー?
コマ展望台って...
コマのように回る(こともある)から、コマ展望台なのですねー。
おっ。ガマ岩で必死になるの、わかる!わかる!
金運が上がるというのなら、他に乗っかっている石を弾いてでも乗せるでしょー(笑)。
う~ん。面白い!
(^o^)
2014/08/20 21:56  | URL | 隊長 #qZoO7Gjo[ 編集] |  ▲ top

-隊長さんへ-
遅くなりすみません~m(_ _)m
はいはい、とういう事で色んな意味でお待たせしましたが?
今回は筑波山ですよ~♪

旧筑波郵便局、いいでしょ♪
春秋のお祭りの時なんかに合わせて開館して、筑波山柄?のポチ袋や記念切手などを販売することもあるようですよ~
今回は歩けてませんが、「つくば道」もなかなか趣あって
時間があれば山とセットで散策すると面白そうです(^_^)v

そうです、回ることもある(笑)展望台なので、コマ展望台です(笑)
この昭和っぽい展望台もそうですが、中腹の筑波温泉街やお土産店など
筑波山は全体に昭和臭がプンプンでした~
高尾山などは、ちょっと都会っぽい空気があったり
御岳山の宿坊のお土産店もレトロですが、ちょっと今風の?古民家っぽく手を加えてるっぽい店もありましたが、筑波山は一番、時が昭和で止まってる感がしました。(温泉街など全部は見てないけど)
それはそれで悪くはないのですけどね(^_^)

男体山への登山道の岩ゴロ箇所は5分位なので、たししたことはないのですが
女体山からつつじヶ丘へ下る時(白雲橋コース)、山頂下が凄く狭くて急な岩場を下りたり
その後も結構な岩場を下るので(30分位?)その辺りは甘くみない方がいいかもです~
登山者さんは平日なので少なかったですが(女体山頂は結構いました)
土日は人気のお山なので、ハイシーズンじゃなくても、そこそこ来てそうです。

ガマ岩、でしょ~!金運がかかってるとなると人様の石を押しのけてでも乗せなくては!(爆)
2014/08/24 10:36  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://greendays765.blog19.fc2.com/tb.php/328-266488a6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。