スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Camp in 朱鞠内湖
- 2008/09/27(Sat) -
やばっ!一週間たつのは早いですね。とっとと更新せねば~。
今年の北海道は9月でもまだまだ暑い!(近日は平年並みに)
キャンプもまだ楽しめそう♪ 9月の秋分の日の週末、キャンパーさんのサイトで
気になっていた朱鞠内湖(しゅまりない)へ~。

札幌から北上する事、3時間(高速利用)。
3つの日本一があるという幌加内町の外れにあります。
3つとは・・・・・・・そば作付面積日本一、日本最低気温-41.2度。
そして朱鞠内湖は日本一の人造湖です。

<朱鞠内湖メモ>
湛水に伴い入り組んだ複雑な湖岸や大小の島が誕生し人造湖とは思えない景観。
夏の渇水期には湖底に沈んでいた木の切り株が姿を見せ神秘的な景観が浮かび
冬には湖面標高282mの盆地状の地形からダイヤモンドダストも見られます。
四季折々に違った表情を見せる美しい湖ですが、1943年に16年の歳月をかけ完成した
雨竜第一ダムは太平洋戦争下で劣悪な労働環境で日本人のみならず朝鮮人、中国人が
強制労働を強いられ200名以上の犠牲者が出るという痛ましい歴史もあります。

調べて見るとそんな悲しい歴史があったのですね・・・・・・
あんまり知ってしまうと夜にトイレ行けないっす

何はともあれここは、そのリアス式海岸にも似た湖岸線に沿う林間のキャンプ場の為(車オート可)
隣サイトとあまり接近する事もなく、湖岸に突き出た幾つかのサイトにテントを張れれば
プライベートビーチ?感覚が味わえる秘かに人気のキャンプ場のようです。

ここに訪れるのは初めて。期待に胸膨らませ、到着すると・・・・・・・

朱鞠内湖
往き路では曇り空でしたが、朱鞠内の着く頃にはいい天気 やった~♪
盆地で周囲に高い山がないので空が広く感じられます~!
湖もピカピカの青空を映し出し美しい~

朱鞠内湖
カヌーも絵になります。気持ち良さそう~♪

朱鞠内湖
少し日が傾き落ち着いた趣に。秋空が綺麗~!
天気も良くなり午後1時着ではさすがに一等地は埋まってましたが切り株が
オブジェのようにある砂地につながる場所が空いてました。
このキャンプ場は林間にテントを張る面積だけ砂地に均してありますが、
ここは普通に石ころがある場所。ちょっと痛い&テントが砂埃に汚れるけど
この景観が楽しめるなら文句はありません。

テント設置
こんな感じ。上画像が砂地の突端です。(タオル干しが景観壊してて 翌日撮影)


設置も終わり軽く散歩から帰ると、日が傾き西日に周囲の木々が優しく輝き始めました。

西日の朱鞠内湖

西日の朱鞠内湖
空を映す湖面が静かにざわめく様子も素敵です。

夕暮れの朱鞠内湖
ほんのり夕日に染まる朱鞠内湖も堪能しながら夕食の下準備も終え、20km戻った幌加内町の
ルオント温泉へ。キャンプ場の管理棟に綺麗なシャワー室があるのですが2台のみ。
まぁそれにやっぱり温泉に入りたいしと。近くに温泉がないのが唯一の欠点でしょうか。

焚き火で・・・・
豚汁と鮭のバターホイル焼きの夕食を終え(私にしてはちょっぴりいつもより手を掛けた
夜はさすがに冷えてきました。焚き火をしながらダンナの見つめる先には・・・・・・・

月夜の朱鞠内湖
湖面に反射する美しい月夜・・・・・・・・そして

北斗七星
星も綺麗でした!6つしか写ってないけど北斗七星。
この後、雲が出てきたけど都会じゃこの星空は拝めません。


そこそこ人は来てたけど混み合うという感じではなく、日中はチビッコギャング?の
声も聞こえてたけど夜は静かに更け・・・・・・・
夕焼けに温泉に豚汁に焚き火に星空!キャンプらしい夜を満喫出来ました。
この季節は虫(蚊&蛾)がいないのでいいですね。 満足、満足!
湯たんぽ&カイちゃん用には暖めたペットボトルで就寝・・・・・・・・

次回は朱鞠内湖の「小さい秋」をお届けします。
あれっ、どっかで聞いた事ある!?
(あっ、でもまだ全然手を付けてません
スポンサーサイト
この記事のURL | 道北 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<朱鞠内湖の小さな秋&小さな住人♪ | メイン | 道南へ(その3)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://greendays765.blog19.fc2.com/tb.php/31-cc4551db
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。