スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
コジマの小島!?
- 2013/05/27(Mon) -
ちょっと間が空いてしまいましたが、噴火湾遠征時に、ezomomongaさんから教わった場所に寄り道~



そこは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






DSC04900_20130527172107.jpg
コジマエンレイソウが美しく咲き~♪
DSC04906.jpg
咲き~咲き~♪


DSC04908.jpg
咲き~咲き~咲き~♪


DSC04904.jpg
咲きー咲きーー咲きーーーサキィ~~~~~~~~~キィ~ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ



DSC04901.jpg
って、そんなキィ~キィ~しなくてもいいのですが(笑)
なんといってもその量?が凄いのです!
奥までびっしりコジマさんヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
(だからアタフタ・オロオロしなくていい?笑)


DSC04898.jpg
小路沿いも~ヽ(゚Д゚≡゚Д゚)/


DSC04920.jpg
コジマさんだらけ!コジマロード♪\(*≧V≦)(≧V≦*)/
(花弁がないものも結構ありますが、私的な印象ではコジマと思いましたがどうでしょう?)



DSC04910.jpg

DSC04892_20130527183154.jpg
紅紫色の花弁がつくだけで、ぐっとお洒落になりますよね~(●´艸`)


LA4J5097.jpg

コジマエンレイソウの名の由来は
北海道の函館市の西、松前町から20キロの洋上に浮かぶ
「渡島小島(おしまこじま)」にも生育することからきてるそうですが
ここは小島ではありませんが、海に面してる地形の感じが
そんな感じにも思え?タイトルを「コジマの小島」にしてみました~
いや小高い地形は「コジマの小山」か?
なんにしろ、いや~凄かった!!!!

ezomomonga師匠、ありがとう~♪m(_ _)m
こんな感じだったよ\(^o^)/(観察力なく、こんなレポですが(^_^;))
いやはや、びっくりしたわ!(((≧∇≦)))

どうですか~?驚いた方も多いのではないのでしょうか?(((゙◇゙)))
これだけあると、ある意味、ちょっとありがたみ薄れるような?(笑) 


DSC04918.jpg
ではお口直し!??にキバナノアマナちゃんでも♪


DSC04915.jpg
そして薄くピンク紫がかったミヤマエンレイソウ♪

そういえばムササキエンレイソウってのもある?
(存じ上げませんがエンレイソウ系譜もわかりやすかったので掲載させて頂きましたm(_ _)m)
そうそう、コジマエンレイソウはミヤマ(シロバナ)エンレイソウとエンレイソウの混雑種なのですよね。
でも、ここにはミヤマエンレイソウしかなかったような?
いやでも、ちゃんと予習せず、ていうか前に学んだこともすっかり忘れてる私は
周りをよく観てないというか記憶が既に薄れてるのですが(^_^;)
 

・・・・え~っとここまで書いておきながら、これってコジマさんでいいのですよね?(^_^;)
って、こんな締めーーーーーー!ヾ(;´▽`A``
まったく成長のない私ですみません~(〃・◇・〃)ゞ
スポンサーサイト
この記事のURL | 道南 | CM(15) | TB(0) | ▲ top
<<新緑と桜♪(5/25) | メイン | さくら、桜~♪>>
コメント
--
コジマエイレンソウが咲き咲き咲き咲き~で
コジマの小島...
どこまでも続くコジマの花道。。。
高貴な色、紅紫色がとてもきれいですね。
知識がなくて申し訳ないですが、
なかなかお目にかかれないお方なのですね。
でも、コジマロードがどこまでも続いていたという...
で、これは、コジマさんなんですよね...?
2013/05/27 23:41  | URL | 大阪/みー #-[ 編集] |  ▲ top

-おお!コジマーーーズ-
いやーーー咲いた、咲いた、咲いてるね~
昨年は蕾の時期だったから、いったい咲いたらここはどうなっちゃうのだろうと気になりつつ・・・・・年が明けたら道東に引越して遠くなっちゃったし~(泣)
素敵レポ、ありがとうございます♪

それで、このがく片の感じはコジマでいいと思うよ♪
全くエンレイソウたちは色々と悩ましてくれるわよね~
あーーーでもない、こーーーでもない、もしかして!!!なんて今年もドップリ深みにハマりましょ♪
2013/05/28 00:09  | URL | ezomomonga #H94ZE/5g[ 編集] |  ▲ top

-みーさんへ-
咲き咲き咲キキィ~の(笑)コジマの花道、楽しんで頂けたでしょうか♪
今までは、どちらかというとポツポツ咲くというか、群生しても目視出来る範囲というか?
こんなコジマの小島さん、コジマの小山さんは初めて!
なんだか不思議ワールド(@_@;)ワンダーランドでした\(^o^)/
そうなんですよ♪コジマさんはなかなかの高貴なお方で(笑)
あら、ばったり!もありますが、ここら辺にいらっしゃるからアポ取り付けて下さいねみたいな方だと!??
が、こんなところにコジマ家一同、勢ぞろいしてたとは!
(なんだか学術なくてこんなコメントで(^^ゞ)

で、コジマさんでいいようです♪
よかった!人違い!?じゃなくて(笑)
2013/05/28 09:36  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-ezomomongaさんへ-
昨日はお騒がせしました(笑)
コジマーズ(笑)でよろしかったでしょうか♪
ほんと、コジマーズというかコジマ軍団というかコジマ家一同大集合というか!?
いや~圧倒されました♪(((≧∇≦)))
(私に見せてもこんなコメントで(^_^;))

で、コジマさんなのよね(笑)
そうそう、ヒダカさんはないと言ったけど、っぽいのはありました。
ヒダカエンレソウ検索したら、自分のブログも出てきて・・・・
よくよくコメントも読んだら、ezomomongaさんも、っぽいと。
で、コメント内でヒダカさんと決定っ!してたわ~(爆)
わざわざだけど、なんか可笑しいので読んでみて~
http://greendays765.blog19.fc2.com/blog-entry-52.html

2009年だけど、今と変わらないようなこと言ってる(笑)
(いやezomomonga師匠はちゃんと習得してますが)
すぐ王子に頼りたがるとこも(^_^;)
毎年、いったい何回、爆発・噴火してるんだっちゅーお話でした(笑)
2013/05/28 09:44  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-4年前!-
毎年同じようなことで悩む二人であった(笑)
春の恒例行事ということで(* ̄o ̄)
2013/05/28 10:00  | URL | ezomomonga #H94ZE/5g[ 編集] |  ▲ top

-ヒダカ-
再び!
2010年に真駒内公園のカタクリ現場でヒダカさん発見していました!
http://tairasan.blog64.fc2.com/blog-entry-1265.html#1265

はい、もちろん最終手段kim王子に確定してもらってる(笑)

これがヒダカよ~
更にアタマ爆発(笑)

2013/05/28 10:05  | URL | ezomomonga #H94ZE/5g[ 編集] |  ▲ top

--
僕も、今年はコジマさんたくさん見ています。
もしかして、噴火湾沿いはほとんどがコジマさんだったりして・・・。
そんなわけないか(^_^;)
2013/05/28 18:52  | URL | ぎょ #I4t1ZHtI[ 編集] |  ▲ top

-すごっ!-
おおおっ。コジマってる!
いやぁー、今年は私もコジマしているので、話しについていけるぜぇー(笑)。
妙に可愛く見えるコジマさん。
いいね、いいねぇー。
もうこうなったら、色々なエンレイソウが混ざり合って、もっともっと面白い状態になっちゃえ!
なーんてね。訳が分からなくなっちゃうかな(笑)。
(^_^;)
2013/05/28 23:20  | URL | 隊長 #qZoO7Gjo[ 編集] |  ▲ top

-ezomomongaさんへ-
そうかそうか!そういえば真駒内公園にもって載せてたのだったね~
恵庭公園にもシラオイさんがいたりして、意外と身近にも〇〇さんって住んでらっしゃるのね~(笑)
ちゃんと観る目を養って、捜索してみるわ♪
(って毎年、言ってる。笑)

ということで師匠のところでお勉強を~♪
あーーーー爆発!
とりあえず、また後ほどじっくり!?爆発したと思います(笑)
2013/05/29 08:50  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-ぎょさんへ-
ほんと噴火湾沿いはコジマさん多いですよね~
一族!?大集結してるのでしょうか?
あ、この場所、ぎょさんのご実家から近いかも?
どうですか?ご実家の周りは小島性の表札の家、多くないですか?
(って、そーゆー事でなくて。笑)

そうそう、有珠山も咲くのですね。
来春は機会があったら行ってみたいと思ってます(^_^)/
2013/05/29 08:55  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-隊長さんへ-
コジマってる(爆)
今シーズンは隊長さんもコジマしてる(笑)んですね♪
ほーんとエンレイソウは色々と親戚がいらっしゃいますよね。
親族大集合してる席で、一人一人親族紹介、お顔お姿を見比べてみたい。
そんな結婚式のような、めでたい席に呼ばれたいわ~♪(^_^)/
(ってなんじゃそりゃ!笑)
2013/05/29 09:00  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-コジマさん-
akiさん、こんにちは!

コジマさんの大群落の小島、すごいですね!そして、エンレイソウの仲間って
ほんとまぎらわしいけれど、楽しいですよね~。
前に北大の植物学の先生のお話を聞きに行ったことがあるのですが、
コジマさんは、1万年以上前に絶滅したオオバナノエンレイソウの一種と、
現存のエンレイソウとの雑種を起源とするそうです。
雑種は普通は子孫を残せませんが、これは運良く子孫を残せたんですね。
今、片親が絶滅した後も1万年以上こうして生き延びている訳です。
なので、エンレイソウが無い所でもコジマさんは見られるのですね。

それに対して、ヒダカ~やトカチ~は現存の種同士の雑種で、一代限り。
両親がそろっている所だけで見られるという訳です。
(一代限りかどうかは、その個体がつくった種子が発芽して更に実を結ぶことが
できるかどうかの結果論なのですが、普通はそうなりません。)
2013/05/30 09:57  | URL | mori #fpwaLjMk[ 編集] |  ▲ top

--
ご無沙汰しております。

コジマの大群、凄いです!ここまでの群落はちょっと見たことがありません。
上にmoriさんが書いていらっしゃるように、コジマは絶滅したオオバナノエンレイソウの1タイプとエンレイソウの雑種を起源とします。
その雑種そのものはオオバナ(2倍体)×エンレイソウ(4倍体)の3倍体なので結実しないのですが、何らかの原因で染色体が倍化し6倍体となったものが現れたため、その個体がコジマエンレイソウとして現在まで子孫を残すことができたようです。

同じような現象はミヤマ(4倍体)×オオバナ(2倍体)のシラオイエンレイソウでも知られており、普通にできた雑種は3倍体で実をつけることができないですが、倍化して6倍体になり繁殖できるようになった個体群があることがわかっています。
また道東のカワユエンレイソウもミヤマ×オオバナを起源としますが、何がどうなったのか4倍体で、6倍体のシラオイとは遺伝的に違いながらこちらも種をつけて増えることができます。
ヒダカエンレイソウは4倍体×4倍体の4倍体雑種ですが、基本的には種をつけることはないようです。
ところが秋田県には種をつけて増えるものがあるようで、これからコジマやカワユのように雑種起源の種として分かれていく可能性もあります。

エンレイソウの類は種類が少ない割に雑種をよく作るので微妙な個体が多く、見分けるのは少々やっかいですね。
そこが面白いところでもあるのですが…。

ところでキバナノアマナとされている写真、葉がしっかり写っているものはありますか?
どうにもヒメアマナに見えるのですが。
2013/05/31 22:42  | URL | kim #unRfcHoo[ 編集] |  ▲ top

-moriさんへ-
すっかり遅くなってすみませーんe-330

いや~ほんと凄いでしょ!
ezomomongaさんに蕾がびっしり!ずーっとよ♪
と聞いてたけど、ここまでコジマ小島化してるとは!(+o+)
まさにコジマランド、コジマパラダイス!?でした~♪
(私にコメントさせるとこんなんばかりで(^_^;))

なるほど~
一万年以上前に絶滅したオオバナと現存のエンレイソウの雑種の~
それで、ここは確か?ミヤマエンレイソウしか見当たらなかった気がしたのですが植生してたのですね。
(え~っとこの解釈でいいのですよね?(^_^;))
それに対してヒダカ~などは現存の種同志の雑種で一代限りは両親が揃ってるところだけ見られる。
そうか、そっかー!ちょっと(ちょっとかい!笑)頭の中が整理されてスッキリしました~♪
いやでも来年になったら、またスッキリ忘れてる私。
また言ってくださいー!(オイオイ!)
あ~脳みその容量、メモリー拡張したい~(^_^;)(笑)
(色々教えてくださってありがとうございました♪^^)
2013/06/02 11:03  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-kimさんへ-
コメントありがとうございます♪
(返信遅くなりすみませんm(_ _)m)

それで、あ~~う~倍体の意味がよくわかりません((+_+))
一応、検索してみたのですが配偶子の染色体数が基本数の何倍かみたいな事でしょうか?
あぅあぅ、せっかくコメント頂いたのに、こんなんですみませんヾ(;´▽`A``
なので、もしよろしければ、またフィールドでご一緒に♪
(こちらのコジマランドも興味ありましたら探索に♪)
じっくりと質疑応答させて頂けると幸いです。
あ、スミレも「王子と一緒にスミレツアー」も素敵です♪(≧∇≦)
って、こんなん相手にしてたら骨折れるわ!って話ですけど(笑)

最後のも『ヒメアマナ』ーーーー♪
はいはい、名前は聞いたことありますです。
確かに背丈がとても低くて、あれ?とは思ったのです。
が、葉をちゃんと撮ってませーん(T_T)
検索すると『キバナノアマナ』との違いは
「葉が粉白色を帯びることがなく、また根生葉は一枚だけしか出ない」と書いてあったのが。
図鑑「新北海道の花」を見ると『エゾヒメアマナ』と『ヒメアマナ』があるようですね。
こちらはヒメアマナっぽいのですか?
花の特徴はあまり書いてないようですが、確かに写真を見るとヒメアマナっぽいですよね?
ここには他にもポツポツとはあったのですが・・・・・
いや~こちらもよろしかったら現地で質疑応答を♪
来春のこの時期はぜひスケジュール空けておいて下さいませ~♪(^_^)/(笑)
2013/06/02 11:12  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://greendays765.blog19.fc2.com/tb.php/291-75ae3d75
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。