スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雌阿寒岳10/20(後編)
- 2012/10/23(Tue) -
DSC02993.jpg
更に高度を上げるとオンネトーがぁ~ノ〝∩。∩)ノわーい♪


DSC03001_20121022165644.jpg
秋彩に包まれて、ますます神秘的だね~ ぐ~♪ d(* ̄o ̄) (望遠撮影)


DSC03006.jpg
谷の紅葉も綺麗だね~♪ヾ(*´∀`*)ノ゛(望遠撮影)
DSC03018_20121022165749.jpg
などと喜んでおりますが、6合目からは予想通りの強風です!(ToT)/~~~
(見えてるのは雌阿寒岳の外輪)

DSC03013.jpg
7合目の分岐からは(又は8合目分岐)阿寒富士に行けますが・・・・・・・・【AM10:05】


DSC03019.jpg
時間と体力があったら、なんて言っておりましたが・・・・・・・
この強風と急峻なジグの登りを見てあっさりパス(^_^;)(左側に細かいジグを切るコースが見えます)


DSC03025.jpg
8合目(分岐)通過~【AM10:20】  ひぃーーー風、強っ!!!!!Σ(o>艸<)


IMG_4895.jpg
荒れ狂う風にモウモウと形を変える噴煙を見ながら廻りこんで、外輪山に登ります。


DSC03032.jpg
9号目【AM10:35】
ここで風除けにさらにレインを着込みましたが、立って着る事はままならず座り込んで着用。
すると妻の降ろしたザックが衣服しか入ってないので軽いとはいえ、風で転がる~(☉ε ⊙ノ)ノ


それでも・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC03041.jpg
あれが青沼だね~!(背後に阿寒富士)\(@^0^@)/


DSC03040_20121022185402.jpg
バスクリンー!ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪


DSC03042_20121022185401.jpg
そして、うわぁ~~~雄阿寒岳に阿寒湖ーーーー♪♪v(⌒o⌒)v♪♪
その奥には屈斜路湖の外輪山や摩周湖の山々。右奥の彼方にはうっすら知床連山も~
(あ、妻は細かいところはその場ではわからず、後でダンナに教わりましたけど(^_^;))


DSC03050.jpg
少しズームで・・・・・右端の火山灰の山は剣ヶ峰というのだねー
いや~びゅーてぃほーーーー!ワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ


IMG_4906.jpg
と、一瞬感動して(カメラを構えるのもままならない状態なので、一瞬しか周りを観る余裕なし)
はぁ~~~~山頂はまだかいなーーーー(´□`川)

※どーでもいいよもやま話ですが・・・・・・・・・・
 8~9合目で妻が強風と疲労で遅れを取り、なのにずんずん先を行くダンナ。
 ゆっくり行ってー!と叫ぶも風音でかき消され・・・・・
 なんで待ってくれなんだ!と妻が怒ると、体力ないもんはそこで待ってろ!ビバークするのが
 山の掟なのだー!などど訳のわからん事言うダンナ(ダンナも爆風と疲労で頭ブっとんでる!?)
 まぁ、その後は更にブチ切れる妻に{{{p(●`□´●)q}}} ムカツクゥゥゥ---!!!
 逆ギレしてすっきりした?ダンナ謝って\(^ω^)/★*゜*☆*ユルシテチョンマゲ
 などど、てっちも喰わないUo-ェ-oU 恒例の痴話喧嘩を繰り広げた後・・・・・・・(^_^;)

DSC03051.jpg
めでたく!?山頂!!!!【AM11:00】
※登山口から着替え等の休憩15分位を含み3時間でした~
 標準タイムは2時間30分ですが緩やかな道なので、ペースの速い方は2時間切るようです。

この後、時間は大丈夫そうだったので、野中温泉に下るコースに進み下山後は散策路か車道を歩いて
オンネトー登山口まで戻ろうかとも思ったのですが・・・・・・・・・・


DSC03053.jpg
山頂から向かうすぐの切り立った火口壁がこの日1番の爆風スランプーーー!!!!
(あ、とうとう言っちゃった(^_^;)私達世代は爆風といえばスランプと続いちゃいません?笑) 
しかもザレて滑りやすく立つ事も出来ず、しゃがみこむダンナΣ(@д@;)
勇敢に進む方もいましたが、体格のいい男性でも少し進んで岩陰に退避しながらでしたので
ここは諦めて、来た道を引き返すことに・・・・・・
(たぶん、先の登山者さんがいる辺りで右に折れ下るようです)


がしかし、この爆風をもろともせず登ってくる猛者が・・・・・・・?


DSC03061.jpg
このお方!じゃなくてこのワンちゃん!!!

しつこいようですが、妻なんぞは少しでも気を抜くと爆風に2~3歩、身体が持ってかれる状態なのです。
なのにこのワンちゃんは、火口壁に現われたかと思うと、風なんてまるで吹いてないかのように
一目散に駆けてくるのでした~U^'^Uε==3"
凄い身体能力Σ(゚∀゚*) さすが救助犬として活躍するだけのことあるわ~



DSC03066.jpg
オンネトーの見えるとこまで戻ってきました~
ダンナが膨らんでるのは風の為で、急にメタボになったわけではありませんΣ(゚∀゚*) (笑)



DSC03076.jpg
6合目を下って林の中に入り、朽ち始めた丸太をベンチに落ち葉の絨毯で昼食~
このスープ(ポッカ)、最近のお気に入り、どっちもイケます♪(&この日はコンビニゆで玉子)
おいちぃーーそして風がなくて幸せ~゜*。(*´Д`)。*°(笑)


たっぷり1時間休憩して下山は針葉樹林の中で光る彩りを楽しみながら~


DSC03084.jpg


DSC03110.jpg


DSC03115.jpg


6合目から爆風にはヤラれましたが(^_^;)
(この日は足寄町でお昼頃、風速5mの予報だったので予想はしてましたが、これほどとは!)
でもお天気には恵まれ、山頂部の景色さいこー!苔むした登山道もいい雰囲気♪
傾斜も緩やかで歩きやすく(ちと長いけど)いいお山でした~(^O^)/

たぶん平地で風がない時でも、このお山の上は風の通り道となってて強いのでしょうが?
またいつか、今度は花の時期に、ほどほどの風で景色もじっくり楽しみたいなぁ(^_^)/~


次回は神秘のオンネトーの紅葉をUPしたいと思ってま~す♪
スポンサーサイト
この記事のURL | 山紀行 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<オンネトー紅葉10/20 | メイン | 雌阿寒岳10/20(前編)>>
コメント
--
いや~、錦秋の雌阿寒岳、美しゅう御座います!
真っ直ぐな木立、あったかな陽射し、紅葉...素敵な秋の山。。。
6合目に行き着くまでは、ですね。
写真だけでは、爆風なのか、よく分かりませんが、
ダンナさんが急にメタボになる訳ないので、、、強風でしたねー!
青沼のバスクリーンも、穏やかに見えるのに。
ワンワンは、四足歩行で背が低いから、平気なのでしょうか。
「また、風の無い日に行こう!」という楽しみが増えましたね♪
2012/10/23 21:49  | URL | 大阪/みー #-[ 編集] |  ▲ top

-みーさんへ-
雌阿寒岳、よい天気だったこともありますが、想像以上にいい山でした(^_^)v
そして、よい天気だったけど、想像以上の爆風でしたΣ(゚∀゚*)
いやほんと、台風も温帯低気圧に変わることが多い北海道では、もの凄い風速にあまり慣れてないので(あ、一度だけ札幌でもバス停やもの干し台が倒れるような凄いの経験しましたが)
ニュースで観るような本当に身体が飛ばされる風速を、しかもお山の上で体験。
天気がいいとはいえ、結構な恐怖感でもありました~

確かにワンコは四足歩行で風の抵抗受けにくく安定感あるでしょうが
同じワンワンでもてっちなんぞは、風でヒンヒン 寒いとヒンヒンUTェTU(誰に似たのか(^_^;))
このゴールデンちゃんはまったく平気! 
あの爆風の中、嬉しそうに走り回ってるのにはU^ェ^U ワン!驚きました。
まぁ比べられるような犬種ではありませんが(^_^;)
今頃、布団の中で丸くなってるであろう同じ祖先のはずのてっちを想像して、お口あんぐりの夫婦でした(笑)
2012/10/24 00:36  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-おっ。遠くだね。-
おおおーっ!
道東編、いいね、いいねぇー。
(^o^)

バスクリンな水面が綺麗だし、風景も火山活動で出来た独特の雰囲気だし、混合樹林(針葉樹が多いのかな?)の紅葉もいい感じで二重丸だわー。
そして強風。また強風だったのですねー(笑)。
写真の上着とズボンが強風で膨らんで、まるでガンダムみたいな体型になってますねー。
アハハッ。
爆風スランプ?!同世代だわぁー。
当時、私もライブに行ってきました。
パッパラー河合さんがパッパラで面白かった思い出があります。
ミ(゜_゜)ミ
2012/10/24 08:54  | URL | 隊長 #qZoO7Gjo[ 編集] |  ▲ top

-お疲れ様でした-
強風で大変だったんですね。
だんな様、先に行っちゃったんですか?そうなんだ~。
ある目撃情報によると、とても優しそうで、『この岩が座り
やすそうだよ』というかんじの仕草で、奥様に声をかけていた
ということなんですよー。
どこの誰なんでしょうねー?そんなにじろじろ見ていたのは?

雌阿寒、いいですね!麓の樹林帯と、上の方の若い火山特有の
砂礫地の変化がおもしろそう。
こんど行ってみます!
2012/10/24 21:40  | URL | mori #fpwaLjMk[ 編集] |  ▲ top

-隊長さんへ-
はい、遠くまで行っちゃいました!
それでも開通して時間的には近くなりましたね~
これ位のお山なら頑張れば日帰り圏内になったかんじ?^^

あれ?隊長さん、雌阿寒岳はなかったのでしょうか?
場所にもよるけど、全体的には7:3位?で針葉樹が多い感じでしょうか?
いい雰囲気でしょ♪
夏はもしかして虫が多いとか?6合目から上の砂礫地は暑いとか??
条件が変わるとよくはわからないですが、全体的に他の季節も楽しめそうに思えますよー♪^^

そうなんですよ!またしても強風っ!!!
旭岳の登りを含めると3山連続(^_^;)
しかも今回はいまだかつて体験したことのない凄いものでしたーΣ(゜∀゜*)
ハハハ・・・ガンダム!妻はよくわかりませんが、ダンナは何型?などど喜んで!?いましたよ~(笑)
爆風スランプはストライク世代でしょ~(笑)
そうですかーライブに♪なんか想像できるー!(似合うわー?笑)
私も爆風の中で、なぜか思わず「RUNNER」頭の中でリフレインしちゃってました~(笑)
2012/10/25 11:14  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-moriさんへ-
いやいや優しいというか優柔不断というか・・・・・・・
それに意外と気が短いというか気が小粒というか・・・・・・・・
とは、とある方からの情報です(って、誰だー?笑)
まぁそれでバランス取れてるというか、妻も人のこと言えない!?結構似たもの夫婦なんでない?
というのも、ある筋の方の情報です(だから誰だー!笑)(^_^;)

雌阿寒岳、ちょっと遠いけど、なかなかお勧めです♪
私は大きな岩ゴロの登山道が苦手なのですが、ここの木の根の張り出しは
傾斜が緩やかなのもあるけど、わりと歩幅にあってて歩きやすかったです。
(あ、楽々というわけではありませんが(^_^;))
女性に優しいコースだと思いますよ~♪
オンネトー散策とセットでいかが?
あ、でも風速の強い日にはお気をつけを!(笑)
2012/10/25 11:24  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは-
雌阿寒岳、僕も好きですよ。
野中温泉の方から登るとオンネトーは猫のシルエットのように見えるのは僕だけかな?
ハイマツのところに、あの有名なキノコもあるらしいので今度は探しに行きたいです(^o^)
阿寒富士はあっという間に登れちゃいますよ。
次回チャレンジしてみてください(^o^)
ただ、砂ぼこりで靴は真っ白になっちゃいますけどね(^_^;)
2012/10/26 09:57  | URL | ぎょ #I4t1ZHtI[ 編集] |  ▲ top

-ぎょさんへ-
こんばんは!
コメントありがとうございま~す♪^^
うわ~猫のシルエットに♪どんな感じなんだろ?
今回は野中温泉コースには廻れなかったので今度行けたら見てみたいな~(^_^)/~
え?有名なキノコ??疎くてピンときませんが美味しいキノコだったら食べてみたーい!(笑)

阿寒富士からの雌阿寒岳やオンネトーの景色も良さそうですよね~♪
いつか、風がなくて体力的にも余力がありそうだったら挑戦してみますね!
そうそう、この時、砂埃が舞い上がって目に入って、それも大変でした!
林に下って鼻かんだら真っ黒。耳もジャリジャリ(*_*)
まぁでも天気がよくて景色良かったし、道東のお山はほとんど経験ないので新鮮でした♪
ぎょさん達が行った摩周湖方面の山もいつか行きたいでーす(*^_^*)
2012/10/27 00:26  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://greendays765.blog19.fc2.com/tb.php/275-09a1b70c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。