スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
~オロフレ山
- 2008/06/25(Wed) -
数年前の真夏に登ったオロフレ山。
展望が良い山との記憶はあるが、ここは花の山としても有名らしい。
そうだったのね ならばぜひ花の季節に!と行ってまいりました~。(6/14画像)
今回は最近、花撮影で異常に登山に時間のかかる妻。
時間短縮にと登別まで高速を利用しましたがETCで通勤割引半額適用だと¥1200。
が、ゲート通過は9時1分。(割引適用は6~9時) しっかり¥2400でした
いやぁ~日本は時間に厳しい国ですっ!(って他は知らんが?)

おっと、そんな事はどうでもいいですね。先に進まねば~。
でもその前に倶多楽湖(クッタラ湖)に寄りましたのでちょとだけ・・・・・・

倶多楽湖
直径約3kmの小さなカルデラ湖ですが地図で見ると真ん丸で可愛い?です。

流入・流出する川がなく、透明度は高く摩周湖に次いで2位だそうな。
貧栄養湖でプランクトン量に乏しいそうですが1909年にヒメマスが移入され以降養殖が
行われてます。(写ってるのはヒメマス釣りの貸し舟らしい)

近くの林にちょっと入ると・・・・・・・・・

コケイラン
コケイラン(ラン科)初見!

最近、王子はランにも凝ってらっしゃるとか・・・・・・・・
やった~♪見っけ!(←ってそんな珍しい種ではない)

タニギキョウ
足元には小さなタニギキョウが密やかに咲き始めています。

もうちょっと色々咲いていたのですが、さっさと進まなければいつまでたっても終わりません。
さぁ!オロフレ山に進みましょう


登別・地獄谷
おっと、そうだ!その前にルート沿いからちょこっと見えた登別温泉・地獄谷を一枚。
(地獄谷の端っこの方です)登別にはヒグマのクマ牧場もあります。


ふぅ~~~ やっと登山口まで着ました
オロフレ山・登山口
標高1230m。オロフレ峠途中に登山口があるのでこの地点で既に標高930m。
山頂までは通常1時間半位で容易に高山植物が楽しめる山のようです。


P6140099 1
すぐにサクラが~ お懐かしゅうございます。
ミネザクラ、別名タカネザクラ(高嶺桜)とも呼ばれ亜高山~高山に咲く低木の桜だそう。

ウグイス
ウグイス(夏鳥)
そして山頂まで絶えず高らかに自慢の喉を披露してくれたウグイス。「ホ~~ッ♪」

ウグイス
「ホケキョ♪」惜しい!葉っぱに隠れちゃった。
いやぁ~春ですな~♪って違う違う、もう6月でした

P6140125 1
ダケカンバのトンネルのような山道が続きます~。
アップダウンも少なく登りやすいです。

オオバナノエンレイソウ
オオバナノエンレイソウ(ユリ科)
入口付近では、まだまだこの花も見られます。

ヒメイチゲ
ヒメイチゲも緑のトゲトゲの実と仲良く並んで、まだ咲いてるのも♪

ツバメオモト
ツバメオモト(ユリ科)
こちらも大分萎れた花が多かったですが頑張ってますよ♪

シラネアオイ
そしてこの山はシラネアオイが山道に続く山としても有名なのでした。
大輪が山道を彩る様子は豪華な花の山という感じです。う~ん、いいなぁ~♪

サンカヨウ
サンカヨウ(メギ科)

この日は途中の苫小牧付近はいい天気だったのだけど、山に近づくにつれ怪しい気配。
山はガスがかかっていたようですが、お蔭でこんな花弁の透き通る花も見られました。

こんなのも~~。
P6140127 1
ハイオトギリの葉でよいのだろうか?水滴が雫になりコロコロ~

P6140126 2
トリミングしてみました。綺麗です~

・・・・・ともう既にかなりテンション上がりまくり いやはや山頂にはいつ着くのやら
そして後編で終わるのだろうか?・・・・・・かなり心配 
この後も山地~高山の花が続々登場ですよ~!
スポンサーサイト
この記事のURL | 道央 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<オロフレ山その2 | メイン | ク○○ラ協奏曲!(フィナーレ?)>>
コメント
-喰ったら、ぐうたら、オロオロフリフリ???-
そうか、地獄谷の上は花の山だったんですね...。
登別に行った時は、閻魔大王と周辺地図しか見なかった...。
地獄谷を少し散策したけれど、爺さん(父)が一言「早く温泉に行こう」
ハイキングコースがあるらしい、、、というのは覚えていますが。
瑞々しいお花たち。綺麗ですね。ウグイスは見た事がないのです。声だけ。。。
こちらは、公園のアジサイが綺麗で、巣立ったツバメが電線にたわわにとまっています。
う~ん、登別とはちょっと違うけど、嬉しい光景です。
次回も楽しみにしていますよ。
2008/06/25 22:11  | URL | 大阪/みー #-[ 編集] |  ▲ top

-No title-
コケイラン、綺麗に咲いている株ですね!
唇弁がしっかり開いていて、綺麗です。
普通種でも、ランを見るとやっぱり嬉しいですよ~。

そしてシラネアオイやエンレイソウがまだ咲いているのはさすがですね。
オロフレ山は高山植物が多く見られる山と聞いています。
続きが楽しみです~。
2008/06/25 22:29  | URL | kim #7r4xH7r6[ 編集] |  ▲ top

-凄い!-
地獄谷ってこんなんやったかな?
忘れてしもた・・・・・・・・
でも、もう一度行ってみたい。
2008/06/26 01:16  | URL | けんちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-みーさんへ-
お~!みーさん、登別に行ってたのね~。で、クマ牧場は??
(クマ牧場がお勧めなのではではない。あそこのCMソングが好きなだけ。笑)
実は私は子供の頃以来、登別温泉には行った事がないのですよ。
その地獄谷の記憶も硫黄くさっ!i-237のみ。なのでみーさんの方が北海道通かも?(笑
オロフレ山は登別温泉より更に洞爺湖に向かう途中にあります~。
そうそう地獄谷の辺りに散策道ありましたよ!
私達もこんなとこに散策道があるんだぁ~。でも駐車する場所は?って。
散策道の途中の看板を見たのかなぁ?気になりますね~。

そちらはアジサイの季節なのですね♪たわわなツバメちゃんも可愛いんだろうなぁ。
北海道ではアジサイは夏に咲きます。お盆の頃まで咲いてる年もありますよ~。
そしてこの山では前半は春に逆戻りした気分でした♪
2008/06/26 09:05  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-kimさんへ-
コケイラン、唇弁開いてるのですね!
わ~い!嬉しいーっ!(子供かっ!byタカ&とし 笑)
エンレイソウなど春の花がまだ咲いてましたよ~。
シラネアオイはたくさん咲いていて、山頂付近では背丈の低いものも見られました。
アポイのような固有種はないですが合目によって花が替わり
短い登山でもなかなか変化が楽しめる山でした♪
あっ、でも我が家の登山は長いですよ~。
今回もたっぷり5時間分、お見せします!(笑
2008/06/26 09:15  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top

-けんちゃんへ-
あらぁ~皆さん、地獄谷に反応するのね。
お~そうだとホントに付けたしの1枚だったのだけど足してよかった!(笑
ほんじゃここで地獄谷メモe-103 
約11ha、長径450m。毎分3000ℓをも湧出する登別温泉の源泉。
一周約10分の遊歩道があり、最近では夜に湯鬼神が銅鑼の音とともに
舞と手筒花火を披露する「鬼花火」が定期的に催されてます。
ちょっと思い出した?
ちなみに私の子供の頃の記憶はこことクマ牧場~ダブル臭いとこi-183です!(笑
2008/06/26 09:25  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://greendays765.blog19.fc2.com/tb.php/24-ed2312b9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。