スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
隅田川テラス(その2)
- 2012/03/20(Tue) -
DSC07211.jpg
永大橋に着きました~ ちなみに「えいたいはし」で「だ」ではないのですね。


DSC07214.jpg
永大橋かから下流側をみたところ。ちょっと渡ってしまいましたが、向こうの歩道からだと
隅田川と支流の晴海運河、中央大橋、高層マンション群の全体を入れたビューポイントのようです♪


DSC07230.jpg
橋の途中から上流側を見ると支流の日本橋川に架かる「豊海橋(とよみはし)」


DSC07226.jpg
渡って左岸側から。クラシカルな外灯がいい感じ♪(^_^)v


さて、この辺りを折り返し地点として戻りましょう~

DSC07235.jpg
もう花壇の植え込みをしていました~ やはり早いですね♪(*^_^*)


DSC07242.jpg
ファッション誌の撮影でしょうか?東京っぽいわ~(笑


DSC07256.jpg
佃大橋まで戻るとランナーさん達が~ 行きずりの者でなんですが頑張れ~!(^O^)/



DSC07278 1
聖路加タワーまで戻り下流に歩いてくと勝鬨橋のたもとに築地市場。



DSC07279.jpg
そして「勝鬨橋(かちどきばし)」


IMG_1924.jpg
なかなか重厚な雰囲気です。そう思って調べてみると・・・・・・

<勝鬨橋メモ
昭和15年(西暦1940年)完成。日本で現存する数少ない可動橋(跳開橋)。
(昭和45年11月29日の開閉を最後に、現在では開かずの橋となっています)
「皇紀2600年」を記念して月島地区で開催予定であった日本万国博覧会へのアクセス路として計画。
その為、格式ある形式、かつ日本の技術力を誇示できるような橋が求められ
イギリスやドイツ等から技術者を導入せず、全て日本人の手で設計施工を行った。
万博自体は戦争の激化により中止となったが勝鬨橋は無事完成し、「東洋一の可動橋」と呼ばれるほどの評判を得た。


DSC07275.jpg
ここが跳開部です。そうか~ 当時の日本の技術だけで造られてたのですね!ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!



DSC07288.jpg
そろそろ水上バスのお時間・・・・ホテルに荷物を取りに引き返しましょう。
計2時間ちょっとの隅田川テラス散策でした~(^O^)/


お天気がイマイチなのが残念でしたが、気持ちがよくて楽しかったです(*^ー゚)v
テラス(遊歩道)はよく整備されていて歩きやすく、ベンチもたくさんあるので
自分のペースで橋巡りしながら歩いたり走ったりに、いい場所ですね♪
更にスカイツリーも完成して、お気に入りのスカイツリービューポイントを見つけるなんてのも楽しそうですね~
ちなみにこちらのサイトが参考になりました「隅田川を歩こう」



おまけ~♪

DSC07218 1
テラス散策の途中、路地に入ると・・・・・・


DSC07224.jpg
「マルモもおきて」の『居酒屋くじら』(≧∇≦)ノ
※阿部サダヲさん演じるマルモが双子役の愛菜ちゃん&福ちゃんを
 引き取り、ここの2階に住む設定。

屋内はセットのようで、実際は個人会社の建物のようですので、1~2枚写真を撮らせてもらい
すぐに退散いたしましたが、一番の盛り上がり!?(* ̄ω ̄)(笑)
スポンサーサイト
この記事のURL | 道外 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<水上散歩♪(両国~浅草~聖路加ガーデン) | メイン | 隅田川テラス(その1)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://greendays765.blog19.fc2.com/tb.php/228-2d3dbc4b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。