スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
隅田川テラス(その1)
- 2012/03/20(Tue) -
2/26、横浜・お江戸旅の最終日です~(^_^)/~


DSC07132.jpg
朝食は32階の日本料理レストラン『明石』にて和洋定食から選べます。
(他口コミでも和定食がおすすめ~(*^-゚)v♪)

同階には鉄板焼『ロイン』などもあり、両店とも隅田川や東京タワ側ーが一望。
記念日などに奮発するのもいいかもしれませんね~
ちなみに「クラブオフ」の「ホテルdeレストラン」に同店のかなりお得もクーポンがあるようです♪



DSC07138.jpg
朝食後は昼間の「隅田川テラス」散策です(^O^)/


DSC07148.jpg
お!東京つぐみん(ツグミ)~♪(*^_^*)
DSC07151.jpg
この日は東京マラソンの開催日。
ちょうど佃大橋がコースになってたようで、橋上には応援団がいっぱい!



DSC07161.jpg
佃大橋を渡って左岸の隅田川テラスに出る途中の「石川島灯台」のモニュメント。
(※モニュメントの下はトイレになってます)

ちなみに石川島とは佃島の北側の一部だそう。そして佃島の歴史は調べると・・・・・
<佃島メモその1>(←超久々にメモ復活(^_^;))
徳川家康が関東へ下降する折に、摂津国佃村(現在の大阪市西淀川区佃)の漁夫33人が江戸に移り
正保2年(西暦1645年)元々あった名前のない砂州に土砂を埋め立てて拡張し、築島して定住。
故郷にちなんで「佃島」と命名した。(※旧地区名で現在は佃一丁目が正式名)
「佃煮」はその漁民達が小さすぎて出荷できない魚を自家用に保存食としたものが始まり。
濃い味付けのために保存性が高まり、参勤交代の武士らが江戸からの土産物として 
持ち帰ったため広まった。


DSC07163.jpg
上画像で渡ってる小さな橋は住吉水門がある水路に架かってます。
橋から水門を見たところ~(左側は佃公園)
いつも思いますが、この家屋間の距離。積雪量のある北海道では考えられません!(@_@;)


DSC07165 1
一応、今日のコース紹介♪(※クリックで大)
真ん中の黄○の「聖路加ガーデン(ホテル)」から出発して右岸を上流に歩き「佃大橋」を渡り左岸に。
左岸を進んで石川島灯台がある現在地・・・・左岸を更に進み「中央大橋」を渡って右岸側に。
・・・・右岸を更に進んで右の黄○の「永大橋」まで。
復路は同じコースで聖路加ガーデンまで戻り、右岸を下流に進んで「勝鬨橋」まで。
右岸に左岸にと渡ってるのは水路(支流)をさけて迂回する距離を省く為です。
距離は正確なところはわかりませんが、この行程で4キロ位?


DSC07170.jpg
こちらは左岸のテラスを中央大橋に向かってるところ~(中央大橋越しにスカイツリーもちらり)
隅田川テラスはこのように、あちこちにベンチがあります♪


DSC07175_20120318170422.jpg
対岸の「亀島川水門」。
昨夜は対岸をを歩いて、この水門を迂回したのでした。
こういう水門も北海道では珍しい光景ですよね~


DSC07183.jpg
「中央大橋」を渡って~


DSC07186_20120318172522.jpg
橋の途中から永大橋や東京スカイツリーをみたところ。


DSC07198.jpg
中央大橋を渡って右岸テラス。昨夜も撮った場所から昼間の永大橋とスカイツリーを撮るとこんな感じです。
もっと晴れてると、なかなかのビューポイントかと♪(^_^)v



DSC07205_20120318173317.jpg
右岸のテラスを更に進んで振り返ったところ。
右に「中央大橋」、真ん中の高層タワーマンション群の「大川端リバーシティ21」。
画像からはわかりづらいと思いますが高層マンション群がある左側は隅田川の支流の晴海運河になっており
「相生橋(あいおいばし)」が架かってるのが見えます(画像、一番左)

<佃島メモその2>
佃島の歴史のその後・・・・江戸末期に水戸藩が佃島に石川島造船所を創設。
その後、石川島重工業株式会社、石川島播磨重工業株式会社と変化し(現在のIHI)
工場移転後の地に再開発事業として官民一体となって(民は三井不動産)1986年に着工。
高層マンション群とスポーツ・商業・文化施設が配置さた「大川端リバーシティ21」が立ち並ぶ現在に至る。
ちなみに佃島より南の月島は明治25年から東京湾埋め立て1号地として佃島から南の砂州を埋め立てられた。


DSC07208.jpg
永大橋のところまで着ました~


DSC07210.jpg
橋の下を潜り抜けます・・・・かなり低く、こんな場所もあまり北海道にはないかな?面白い~(*^_^*)


長くなったので(その2)につづく・・・・・!
スポンサーサイト
この記事のURL | 道外 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<隅田川テラス(その2) | メイン | 東京ナイト~(その2)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://greendays765.blog19.fc2.com/tb.php/227-4f8ddc00
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。