スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
平山(前編)
- 2010/07/27(Tue) -
7月の連休の、なんとか天気が持ちこたえそうな7/17(土)、北大雪の平山に♪
昨秋に登ったニセイカウシュッペ山のお隣に位置し、花の山でも知られています。
前日に白滝高原キャンプ場バンガロー泊。
登山口までは車で30分位。途中から砂利道になりますが、大雪の登山口までの林道としては
かなり走りやすいです。


DSC01904.jpg
こんな橋を幾つか渡ったり、徒歩でも沢を渡ります(深くはないので気を付ければ大丈夫です)。


LA4J5810.jpg
まもなく「行雲ノ滝」が見えます。


LA4J5813.jpg
この日も湿度高く、風もないので、すでに汗だく
滝の近くではヒンヤリした空気が流れ気持ちいい~。
はぁ~休憩・・・って、この山は頂上付近の稜線が楽しみな山!
さっさと登るぞ!と気合が入ってた夫婦ですが、もうはや休憩モード


LA4J5840.jpg
サワアザミに(沢薊・キク科)?にコヒオドシ~♪


LA4J5823.jpg
ハクセンナズナ(白鮮薺・アブラナ科)にスジグロシロチョウ(筋黒白蝶)かな?

ちなみに、今回も↑2枚は撮影ダンナ。(滝も)
やはりこれ位の被写体の描写とボケが綺麗です。
(まぁ、これ位撮れて当たり前のレンズと本人も申しておりますが。^^;)
あ~悔しいっ!悔しいったらありゃしない!!(しつこい!??)

DSC01914.jpg
「冷涼の滝」は休まず進みましょう

※そうそう、ezomomongaさん!「行雲ノ滝」を過ぎた頃の土砂崩れのロープの箇所は
道が踏み固められ大丈夫だったよ~(狭いのでちょっと恐いけど)
あそこは、もう師匠だったら目を瞑って渡れます!(笑


そして、ひぃ~ひぃ~ふぅーー(出産か!)更に登っていくと・・・・・・・


DSC01943.jpg
左手のまだ雪が残る沢筋にエゾノリュウキンカ。


DSC01955.jpg

LA4J5853.jpg
登山道沿いにも沢山あるのは終わってたけど、山の遅い春に、まったりほっこり♪


DSC01946.jpg
右手にはオオバミゾホオズキも加わって賑やか~♪
キバナノコマノツメも少しだけ咲き残ってましたよ。



DSC01966.jpg
そして第1雪渓到着!(雪渓は、この時期は右上の部分を少し歩くだけです)
ハァ~あちい、あちいーーっ!しばし休憩・・・・・
この辺りから青空が見えてきました~♪ 


DSC02125.jpg
雪渓の近くでは、ちょっぴりエゾコザクラソウ♪


DSC02128.jpg
カラマツソウの白が爽やかに♪


DSC02117.jpg
そして、これはチシマノキンバイソウ?
キンポウゲ科の花は、まだ見慣れてない事もあり(言い訳?
さっぱり、見分けがつきません。
ミヤマキンポゲにも似てるかなとも思ったけど、花の大きさ的には前者?


DSC02121.jpg
これは???
↑より、花は小さく、より切れ込んだ細い葉・・・・・・
ミヤマキンポウゲ?(でも確か花の形がハートでしたっけ?)
キンポウゲ科を簡単に見分けるのってどうすればいいのでしょう??

※第1雪渓からの花は主に下山時に撮ってます。


DSC01985.jpg
ナキちゃんの姿が見られる事もあるというガレ場の近くで休憩し・・・・・この時は声も聞かれず。
画像は第2雪渓(雪渓の廻りこんでを進みます。)
きっともう少しよ~♪(平山は標高看板などがないので、そう思いこむ事にする
頑張ろう!・・・・・あの青空に向かって~♪♪
スポンサーサイト
この記事のURL | 山紀行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<平山(後編) | メイン | 道北へ(その2)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://greendays765.blog19.fc2.com/tb.php/123-fef1a225
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。