スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
定山渓・癒しの回廊(その1)
- 2010/06/07(Mon) -
定山渓温泉「ふる川」にお泊り日(5/29)、少し時間があったので定山渓の散策路へ。
ここは「癒しの回廊」とも呼ばれるようで、確か5年位前に紅葉時に来た事があったのだけど。
春~初夏のお花も素晴らしいようです♪


DSC00084.jpg
散策路始まりの小さな公園には色鮮やかなチューリップや芝桜。


DSC00090.jpg
定山渓の住人?カッパがいると思えば・・・・・・・


DSC00089.jpg
野良にゃんこ達も、ここの住人です。
有名なようで?猫好きカメラマンの姿も見られます。


DSC00099.jpg
妻は好き好き光線を出し過ぎるのか、逃げられました。(笑
DSC00105.jpg
すっかり葉も出揃い、新緑の光と影が美しい季節です。


DSC00112.jpg
二見吊橋も眩しい緑に赤いラセンがよく映えますね。


DSC00156.jpg
札幌市内へ流れ込む豊平川上流沿いを歩きます。
渓流の音も心地よい~♪


DSC00138.jpg
外人さんカップルの姿も。
私達の歩く前には韓国?の若者4人組さんも散策しており、札幌の奥座敷・・・・国際色豊かですなぁ。


DSC00182.jpg
おっ!この象さんの耳のような葉は・・・・・・・


DSC00177.jpg
ナンブソウ(南部草・メギ科)。 本州北部から北海道に分布。
大きな葉っぱにブラシのような小さな花。
見つけると嬉しくなる花(葉?)の一つです♪


DSC00186.jpg
これまた、ハートが3枚合わさったような葉も可愛いコミヤマカタバミ(小深山傍食・カタバミ科)
葉は夜になると休息し閉じてしまうそう。花も陽がささないと閉じてしまうので撮りづらいわぁ。
この花も小さいですが、ピンクの筋が入ったものもあり可愛い花です♪


DSC00200.jpg
そしてezomomongaさん、これがアイヌタチツボでよいのかしら??


DSC00125.jpg
前画像とは違う場所でも見たのだけど、これもそう? わかりづらいけど花弁内側にお毛々もありました。
(前画像場所は終わり頃だけど結構咲いてた。ここはポツポツ。)



DSC00213.jpg
葉の形がフキに似る事からヤチブキとも呼ばれるエゾノリュウキンカ(蝦夷立金花)の側にあったのは・・・・


DSC00215.jpg
蕾のクリンソウ(九輪草・サクソウ科)♪


DSC00225.jpg
無理やり?コラボしてもらいました。(笑


もう少し探したかったけど、会食の時間に間に合わなくなるので、そろそろ引き上げ・・・・・・


DSC00233.jpg
ヒトリシズカ(一人静)ならぬ集団シズカにワイワイ!?見送られて♪


う~ん、定山渓散策路。昨年、花が素晴らしいと確か新聞で?目にしましたが、こりゃいい所です♪
花もいいけど、渓流沿いの雰囲気が、また良いわぁ!
(紅葉散策でも思いました。←記憶の沖から救助した。笑)
「癒しの回廊」の名も相応しいですね~。
そして、まだ続々と素敵なお花がお目見えしそうで、見逃せません

ezomomongaさんも、この2週間前に訪れてます。こちら♪


そういえば相田みつをさんは自然からも深い詩を残していますね。

「枯れた すすきが まだ美しい
 いのちいっぱい
 生きてきたからだ」

「花を支える枝
 枝を支える幹
 幹を支える根
 根は見えねんだなぁ」

「雨の中には 雨の中を
 風の中には 風の中を」


そして花のことを・・・・・・・・・・・・・

『ただ』
 
 花には人間のような
 かけひきがないからいい
 ただ咲いて ただ散って いくからいい
 ただになれない 人間のわたし

花も子孫を残す駆け引きがあるけど(昆虫とか環境とか)、人間のように損得で
自分がいい思いをしたい駆け引きではないですものね。
ほんと、ただになれない人間のわたし・・・・・・・

 『相田みつを』詩集 のサイトを見つけたので、せっかくなので載せさせてもらいます。
※「作品集を開く」をクリックすると、味わいのある書と詩の数々が見られますよ。


と言うことで!??
「その2」は・・・・・・・・・・次週も行ってしまいました!(笑) 癒しの回廊~♪
スポンサーサイト
この記事のURL | 道央 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<定山渓・癒しの回廊(その2) | メイン | 「ぬくもりの宿 ふる川」にて。>>
コメント
--
んまーーーっ(笑)2週連続の癒しの回廊なのね~
「ふる川」も雰囲気があってよいわね~
夫の実家から近いので定山渓って泊まったことがありません(近すぎるのも考えものです・・・・笑)

そして、アイヌタチツボでいいわよね?(と、聞き返す・・・・笑)
中に毛があったでしょう?
このクルリンと巻いた紫っぽい葉っぱはそうでしょう。
塩基性岩に咲くと紫が濃くでるけど、普通は下の写真のような感じではないかと思うのですが。
どうでしょうkimさん(と、わからないことは王子にふる・・・・笑)

そしてクリンちゃんとエゾノリュウキンカのコラボ!
いいわぁ~
無理矢理でもそれは撮るべきよ(爆)
私が行った時にはリュウキンカの姿はボロボロ、ミズバショウは巨大になっておりました!

ナンブソウ、私も大好き~
葉っぱの形といい、ヒョロヒョロ~な花茎といい、たまりません!
コミヤマカタバミの葉っぱもラブリーよね~
見ているだけで幸せ感じてしまいます(単純なもので・・・笑)

記事が続々アップで、私、頑張ってついてゆきます!
2010/06/08 09:37  | URL | ezomomonga #H94ZE/5g[ 編集] |  ▲ top

-ezomomongaさんへ-
私も定山渓に泊まるのは、若かりし頃の会社の観楓会以来。
そうなのよ。近すぎてね・・・・・と思ってたけど、「ふる川」はよいですよ~。
ご実家の皆さんとも、たま~に、ゆっくり札幌の奥座敷で骨休め~なんかもいいかも♪

うんうん、アイヌタチツボだと思ったのだけど、下画像の色と花弁の開き加減に??
(この花の開き加減に形が変わってみえて惑わされるの~^^;)
塩基性岩で・・・・・なるほど、納得!上画像場所の方が岩ゴロゴロでした~。

クリンちゃんとエゾノリュウキンカは、なんとかコラボしたいと、アップで撮ってみたり色々奮闘。(笑
でも、後ろのエゾノリュウキンカがお化けv-39のようになってしまい、結局最初から2枚目位だったかな。
いつも下手な鉄砲打ちまくっても結局、最初の1枚になったりして。(笑

ナンブソウは確かezomomongaさんに教えてもらったはず・・・・・・コミヤマカタバミも♪♪
↑これも、なかなか名前が出てこなく・・・・・なぜかコミヤ・・・クワバタ??
・・・・・・えーーっとクワバタオハラ?と女性漫才コンビみたいになったりして。(笑
そうそう、そういえばトシマエンレイソウも。
いやはや、これはわかっていたのよ~。確か砥石山で発見されたからって。
なのになぜか、あの瞬間、年増って!!
自分でも、おばさんの発想!思い込みに笑ってしまいました!
(いやいや、笑ってる場合ではないか。この脳細胞老化を食い止めなくては・・・・^^;)
2010/06/09 09:25  | URL | aki #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://greendays765.blog19.fc2.com/tb.php/107-6dd880e0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。