スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雌阿寒岳10/20(後編)
- 2012/10/23(Tue) -
DSC02993.jpg
更に高度を上げるとオンネトーがぁ~ノ〝∩。∩)ノわーい♪


DSC03001_20121022165644.jpg
秋彩に包まれて、ますます神秘的だね~ ぐ~♪ d(* ̄o ̄) (望遠撮影)


DSC03006.jpg
谷の紅葉も綺麗だね~♪ヾ(*´∀`*)ノ゛(望遠撮影)
この記事のURL | 山紀行 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
雌阿寒岳10/20(前編)
- 2012/10/23(Tue) -
先週末は用事があるかないかという感じだったのですが、とりあえず保留になり・・・・・・
10/20、直前で決めた行き先は麓にオンネトーがある雌阿寒岳。
昨秋の道東自動車道の夕張IC~占冠IC開通で札幌の我が家から約4時間で着きました~
まぁ高速代は懐痛みますが(^_^;)十勝など日帰り圏内になったのはありがたいですね~



DSC02901.jpg
阿寒湖方面からを含めると3コースありますが、オンネトーキャンプ場からのコースにしました。
駐車場の紅葉もいい感じです♪


DSC02904.jpg
約8時に出発でーす!初の雌阿寒岳、どんなだろー(o*´∇`)oワクワク
この記事のURL | 山紀行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さぁどこ行く?紅葉登山10/8(その4)
- 2012/10/14(Sun) -
DSC02810.jpg
途中、三峰山で1時間ほど休憩を取って、富良野岳肩分岐の到着は14時20分位でした~
すっかり富良野岳の陰になってます(富良野岳は登頂してません)


LA4J3123.jpg
ダンナがダイヤモンド(!?)富良野岳を載せろとウルサイので1枚(笑)

肩分岐で10分休んで下山開始・・・・・・・・・・・・
この記事のURL | 山紀行 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
さぁどこ行く?紅葉登山10/8(その3)
- 2012/10/14(Sun) -
DSC02734.jpg
上富良野岳の十勝岳温泉分岐まで戻ってきました~
時刻は11時25分頃。十勝岳方面に30分の休憩含め2時間50分の寄り道でした。


DSC02738.jpg
ではでは三峰山~富良野岳を廻りましょう~!
この記事のURL | 山紀行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さぁどこ行く?紅葉登山♪10/8(その2)
- 2012/10/14(Sun) -
稜雲閣の登山口から上富良野岳まで登ってきました~



DSC02667.jpg
八つ手岩がカッコいい安政火口を見下ろし・・・・・・・


DSC02665.jpg
すっきりとした視界の中、石狩山地を見渡し・・・・・・・・


さて、三峰山~富良野岳へ・・・・・・・行くのではなく?
この記事のURL | 山紀行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さぁどこ行く?紅葉登山♪10/8(その1)
- 2012/10/11(Thu) -
3連休は高山紅葉の最後のチャンス? ならば表大雪も気になるし・・・・・・・・・
と、色々迷いましたが、結局、昨年は見頃を迎える前に雪が降ってしまい行けなかったあの山に~♪


DSC02572.jpg
駐車場からは美しい朝焼けと雲海 
そう、時刻は5:40・・・・・この頃の日の出時刻に出発です!

少し進むと・・・・・

DSC02576.jpg
おーーー!あの山の頂きが輝いてるー!ちょうど朝日に照らされてました♪
この記事のURL | 山紀行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
紅葉滝巡り♪(蔵出し編その2)
- 2012/10/02(Tue) -
紅葉滝巡り、蔵出し編のつづきです~
※2010年10月16日のお話です。



DSC06330.jpg
さて、お次は滝ではありませんが、この独特の川床は・・・・・・・・・・


LA4J8544.jpg

この記事のURL | 道央 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
紅葉滝巡り♪(蔵出し編その1)
- 2012/10/02(Tue) -
先週末は高山の紅葉がいい頃だったようですが、生憎のお天気でしたね~
我が家は出掛けずじまい・・・・・・
で、少し時間もできたのでお蔵入りしてたものを引っ張りだしてみました。
2010年10月16日の滝巡りの様子ですー♪(^_^)/~


DSC06121.jpg
数台の駐車スペースに車を停め小さな橋を渡り進むと・・・・・・・


DSC06147.jpg
20~30分(約800m)で見えてきたこの滝は・・・・・・・・・
この記事のURL | 道央 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。