スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
てっちラン♪
- 2010/08/28(Sat) -
さて、この回は先日のアンヌプリゴンドラ山麓駅にあるドッグランでの様子を・・・・・・
親バカっぷりをたっぷりお見せしますが、お許しを

パピーの頃はドッグカフェのラン貸切で猛突進 心臓が破裂しそうなほど駆け回ったですが・・・・・・・

DSC02979.jpg

DSC02982.jpg
隅っこや根元の匂いを嗅ぎ回るばかりで・・・・・・・


DSC02983.jpg
ダンナに連れ戻される~~~~

夫婦でハァ~ハァ~ヒ~と何度か追いかけ廻し・・・・・・


LA4J6775.jpg
その顔はやっとノッテきた~?
この記事のURL | その他 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
ニセコ・イワオヌプリの初秋♪
- 2010/08/25(Wed) -
LA4J6806 1
ドッグランの後は、イワオヌプリをウロつく事に・・・・・・・


DSC02994.jpg
駐車場からイワオヌプリ登山口までは綺麗な散策道が整備され、展望の良い場所にテーブルベンチも♪


DSC02998.jpg
火山灰の白い山肌の景色が。(イワオヌプリはニセコ山系で一番若い火山だそう)


DSC03004.jpg
アカモノ(赤物・ツツジ科)の実でいいのかな?ニセコ山系に多いようです。


DSC03001.jpg
シラタマノキとも一緒に♪ 紅白の実が可愛いなぁ♪


DSC03005.jpg
こちらはガンコウラン(岩高蘭・ガンコウラン科)の実。


そして登山口手前の灌木帯で出迎えてくれたのは・・・・・・・
この記事のURL | 山紀行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ニセコ・アンヌプリへ・・・・・?
- 2010/08/25(Wed) -
8/20(金)この週の北海道は久しぶりに抜けるような青空が続き~
休みが取れ3連休、キャンプで遠方の山にと思ったが週末は崩れそうな予報・・・・・・
金曜はまだ晴れ・・・ギリギリ大丈夫か? ニセコのお山へ

目指すはアンヌプリです!
幾つかのコースがありますが、今回はアンヌプリゴンドラコースへ。(通常タイム50分位)
ちなみに何年か前は五色温泉側からのコースを。(標準タイム1時間30分位)
こちらは、登山道からイワオヌプリ・チセヌプリ・・・・登るにつれ岩内湾まで展望。
最後に羊蹄山が目前のそびえ、夏の暑い日に展望を楽しんだ記憶が。


DSC02933.jpg
ここのゴンドラはワンコもOKです。
最初は余裕だったてっち、動き始めると・・・・・・
「なんだか旦那・・・・・・揺れてやしませんか?ここは何処でやんす??

DSC02934.jpg
旦那(ダンナ)に、にじり寄り・・・・・抱っこされて一安心


程なく山頂駅へ!ここには立派な1000m台地展望台もあります。
が、しかし・・・・・・・・・
この記事のURL | 山紀行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
じゃらんな日♪(その2)
- 2010/08/17(Tue) -
DSC02736.jpg
さて、北竜町の「ひまわりの里」ではこの日、地元の方達の太鼓の演舞が行われてました。


LA4J6433.jpg

LA4J6457.jpg

LA4J6462.jpg

DSC02741.jpg

お~!なかなかの迫力!!!
真ん中の渋いおっさま!?と子供達の真剣な表情・・・・躍動感!!
全然詳しくはないですが、和太鼓、結構好きなのです。
そういえば「鼓童 」という和太鼓奏者衆は、心臓の「鼓動」から音をとった名前で
大太鼓の響きが母親の胎内で聞いた最初の音・・・・心臓の鼓動とな。
うんうん、この力強い響きって、なんか魂を揺さぶられる感じがあるよな~。

この記事のURL | 道北 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
じゃらんな日♪(その1)
- 2010/08/17(Tue) -
8/7(日)、どうやら北へ行けば晴れるようです・・・・・・・
凝りもせず?予報を信じて向かったのは北竜町「ひまわりの里」。
向日葵が咲き誇るその面積は国内最大級だそうな~~


DSC02644 1

DSC02641 1
眩しい黄色 いいねぇ~夏だねー!

空はというと・・・・・・・やっぱり、眩しい青空とはいかないようで・・・・
いいのよ~、涼しい車でドライブも楽しんでるし
今年の妻は寛大!・・・・・・・あら?ダンナ・・・・・・・なんか違ったかしら?(笑

DSC02647.jpg
周遊するトラクターも走ってます。


DSC02641.jpg
巨大迷路もあり・・・・・暑いけど、皆さんの顔も向日葵と同じ笑顔のようです♪(周遊車・迷路有料)


この時で見頃の向日葵は半分位でしょうか?
どういう風になってるかわかりませんが?一面ごとに終わってるかんじでした。
(7月末につむじ風があったらしく、円状になぎ倒されてる所も)
まだ咲いている周りをゆっくり散策・・・・・・・・・
この記事のURL | 道北 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
樽前山・932m峰(その2)
- 2010/08/09(Mon) -
DSC02377.jpg
相変わらず外輪山の空はどよ~んとしてるけど、時々ガスが切れはじめました・・・・・


DSC02371.jpg
ズームすると溶岩ドームの荒々・・・・そして外輪山を歩く人影が見えます。


DSC02418.jpg
932m峰の山頂の雲も消えたようです。さぁ~ゴーゴー!
でもなんだかこの二人の後姿、哀愁漂ってます・・・・・・
「ヒロシ(えーいち)です・・・・・・そして、てっちです・・・・。」みたいな!?(古いけど~


DSC02429.jpg
だんだん高度が上がってきました~♪ 気持ちいいーー!
でも、やっぱりダンナが乳飲み子を抱えて、哀愁の・・・乳やる父に見えるのだけど?(笑


それはさておき 斜面にはイエローグリーンのの綺麗な苔が広がり~
この記事のURL | 山紀行 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
樽前山・932m峰(その1)
- 2010/08/09(Mon) -
相変わらずお天気の日が続かない北海道です
この記事も前から手を付けていましたが、蒸し暑さと冴えない天気で、集中力上がらず・・・・・・
間の開いてしまったお話ですが~(いつものごとくだけど

7/25(日)曇り雨の予報が晴れマークに変わりました。
これはちょっとでも山に行っておかないと!と向かったのは樽前山。
支笏洞爺国立公園に属する風不死岳、恵庭岳とともに支笏三山の一つ。
山頂は溶岩ドームがプリンのように見える山です。


札幌からほど近く登山道は7合目から~東山ピークまでは50分位で登れる為、とても人気の山です。
という訳でここの駐車場は、ここ数年は満車になると規制され5合目で待つ事になります。
ここは気合を入れ8時15分着、既に満杯。でも数台分の路駐に滑りこみました~。
(それでもこんな時間ですが・・・・・・ いつも簡単だけどお弁当を作る
&低血圧なので起きてから1時間半位はかかってしまうのです~)


DSC02283.jpg
(登山口看板より)
ちょっと見づらいですが、何年か前に東山の外輪を周り風不死岳方向に下りて山麓を周って帰るコースを
登った事があるので、今回は山麓を風不死岳方向に向かって932m峰を目指す事に・・・・・・


DSC02293.jpg
最初は結構鬱蒼とした森を少しの間、通りますが、すぐにミヤマホツツジ<深山穂躑躅・ツツジ科>がお出迎え♪
くるんと天狗の鼻のような花柱が可愛いです。


DSC02302.jpg
エゾノマルバシモツケ(かな?)は終わり、ドライフラワーのように。


そんな水滴いっぱいの草むらに鼻を突っ込み・・・・・・・・・・

DSC02307.jpg
ビショビショ・・・・・・・・・顔を拭いてもらって反省てっち
この記事のURL | 山紀行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
風の・・・ないガーデン!?
- 2010/08/01(Sun) -
DSC02221.jpg
では風のガーデンへ~♪

LA4J6095.jpg
やはり、お花越しの家が雰囲気ありますね♪


家の中には劇中で使われた家具や小物・・・・・・・・・・・
LA4J6100.jpg

LA4J6101.jpg

LA4J6102.jpg

ドラマのシーンが蘇りますね・・・・・・・・
ガブがピアノを弾き・・・・・・風がサワサワ~とカーテンを揺らし~~~~
この記事のURL | 道北 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
風のガーデン!・・・まで?
- 2010/08/01(Sun) -
平山に登った翌日(7/18)、富良野・「風のガーデン」に寄る事に・・・・・・♪

DSC02137.jpg

新富良野プリンスホテル敷地内にあり入園料¥500です。
「風のガーデン」までは1㎞位(だったか?)徒歩か、大型のワゴン車での移動です。(入園料に含まれる)
私達はプリンス工房でパンを購入、ピクニックついでに歩く事に~。



DSC02158.jpg
初めて来ましたが、広~い敷地に手入れされた芝生・・・・・・・
所々にお花畑があり、なかなか気持ちのよいところです♪


DSC02166.jpg
ラベンダー畑では蝶達の乱舞~♪
この記事のURL | 道北 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。