スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
平山(後編)
- 2010/07/27(Tue) -
DSC01993.jpg
イワブクロが現れ始めると・・・・たくさんの人影が見え始め~


DSC02006.jpg
やっと分岐に到着~!
ここから左に進むとなだらかな平山頂上(後ろに写ってる山)。
左に進むと比麻良山方面へ。


LA4J5906.jpg
目の前には、ウスユキトウヒレンと蝶達~♪


DSC01999.jpg
そして、目に飛びこんでくるのが、タカネシオガマ<高嶺塩竃・ゴマノハグサ科>♪(初見!)


疲れが吹き飛ぶ光景に休む間もなく撮影
さぁ、一休みしようかと思ったら、てっちを見つけたおばさま&おじさま軍団に取り囲まれ
今度はてっちをモデルに撮影会(てっちはここまでずっとリュックイン)。
口々に「ほぉー犬もかい」「偉いね~登ってきたの~」「大人しくていい仔だね~」
お答えしようと振り向く妻に「貴方はあっち向いてて~!」←顔が写らないようにという意味らしい。(笑

なかなかリュックを下ろせない妻でした・・・・・・
でも、犬を登山に・・・まして大雪ともなると怪訝に思う方もいらっしゃるかもしれません。
極力、登山者さんへの迷惑にならないよう、生態への影響がないよう気は使ってるつもりですが
このように温かく迎えてくれる事は有り難い事です。


さて、平山頂上に向かうと表大雪の展望が間近に見えるようですが、この日は雲の向こう。
比麻良山方面の稜線を進む事に・・・・・・・・・
この記事のURL | 山紀行 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
平山(前編)
- 2010/07/27(Tue) -
7月の連休の、なんとか天気が持ちこたえそうな7/17(土)、北大雪の平山に♪
昨秋に登ったニセイカウシュッペ山のお隣に位置し、花の山でも知られています。
前日に白滝高原キャンプ場バンガロー泊。
登山口までは車で30分位。途中から砂利道になりますが、大雪の登山口までの林道としては
かなり走りやすいです。


DSC01904.jpg
こんな橋を幾つか渡ったり、徒歩でも沢を渡ります(深くはないので気を付ければ大丈夫です)。


LA4J5810.jpg
まもなく「行雲ノ滝」が見えます。


LA4J5813.jpg
この日も湿度高く、風もないので、すでに汗だく
滝の近くではヒンヤリした空気が流れ気持ちいい~。
はぁ~休憩・・・って、この山は頂上付近の稜線が楽しみな山!
さっさと登るぞ!と気合が入ってた夫婦ですが、もうはや休憩モード


LA4J5840.jpg
サワアザミに(沢薊・キク科)?にコヒオドシ~♪


LA4J5823.jpg
ハクセンナズナ(白鮮薺・アブラナ科)にスジグロシロチョウ(筋黒白蝶)かな?

ちなみに、今回も↑2枚は撮影ダンナ。(滝も)
やはりこれ位の被写体の描写とボケが綺麗です。
(まぁ、これ位撮れて当たり前のレンズと本人も申しておりますが。^^;)
あ~悔しいっ!悔しいったらありゃしない!!(しつこい!??)

この記事のURL | 山紀行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道北へ(その2)
- 2010/07/20(Tue) -
さらに奥に進むと、木道を覆うように葦が伸び伸びでした~

LA4J5649.jpg

DSC01699.jpg
ダンナが撮ってるのは・・・・・・・・


LA4J5648.jpg
チシマアザミ(千島薊・キク科)


ちなみにダンナはNewレンズを購入。
妻とすったもんだあげく、もっとお安い価格の他型中古レンズを注文する事になったのですが
不良品だった為、結局ランク上の型落ちした店頭処分在庫を買う事に・・・・・・・
我が家にとっては、目の玉飛び出るお値段っ!&今年はカメラ関係を随分購入してるので
夫は念書作成。7年間は一切カメラ&レンズは買わないお約束!
皆さんも証人になって下さいね~。(笑
この記事のURL | 道北 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
道北へ(その1)
- 2010/07/20(Tue) -
本州では梅雨が明けて猛暑ですね~
北海道も7月に入ってから蝦夷梅雨な日々が続きムシムシ・・・・・・
週末もお天気悪く、山の計画も実行出来ず、どうしようかと考えあぐねた週末(7/11)
以前から行ってみたかった道北へ、まずは偵察という事で!?
留萌より北は我が家としては初進出です!

高速を走り日本海側に出ると、オロロンラインと呼ばれる気持ちのよい海岸ルートを北上します。
天気予報はチラリと晴れマークも出ましたが、どうなのだ?
・・・・・ダメでした。チラリと青空が厚い雲から覗きましたが、広がる事はなく
でも、オロロラインは車も少なく気持ちのよい道でした~。
(ついつい飛ばしたくなりますが、測定をしている箇所があったり、パトカーに捕まってる車も
走行中に岩礁からアオバトの群れが羽ばたき目前を横切ったり、それなりに楽しむ事が出来ました。


そして走りまくって、サロベツ原野に到着!


DSC01577.jpg
この時期はがノハナショウブ(野花菖蒲・アヤメ科)が深い緑の中に彩りを♪


LA4J5576.jpg

LA4J5584.jpg
こんな曇り空も風情があって似合いますね~♪
(と、自分を慰める。


そして、この風景で期待してる方もいるでしょうか?
あの鳥の様子は・・・・・・・・・・・

この記事のURL | 道北 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東京タワー
- 2010/07/14(Wed) -
P7080003 1
年に1度の?お上りさんの日がきました・・・・・・・・
お仕事の研修会で日帰り強行軍ですが今回もhappychildsさんが同行してくれました♪



P7080063.jpg
研修会も終わり、今回は、お上りさんの王道「東京タワー」へ!



P7080037.jpg
まずは大展望台へ昇りましょう♪
画像では少なく見えますが、平日でも結構な賑わいでした。

そして360度、ビル・・・ビル・・・・ビル
この記事のURL | その他 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
海な日(雷電夕日~小樽夜景)
- 2010/07/07(Wed) -
予定では、島武意海岸~幌武意に続く散策路を少し歩いてみるつもりでしたが、強風なので変更。
とはいえ、何処へ行くか特に当てもなく・・・・・・・・・・
とりあえず、ミサゴを求めて海岸線の漁港をウロつくも姿なく・・・・・・・・
夕日までも時間があるしと積丹半島の西側に廻りドライブ

5~6年前にきた時は、西の河原でお弁当を食べたけど、何処だっけ?
トンネルの崖がゴリラの横顔に見えるのは、どのトンネル??
と、行ったり来たりしている内に雷電まで、来てしまいました。
雷電温泉で入浴の目論みもあったけど、時間がなくなったので、夕日スタンバイ


DSC01509.jpg
水平線上には薄い雲が発生し、太陽にもベールがかかってしまっています。
夕焼けは見られるかしら?(妻カメラ、海風でレンズに水滴の汚れが写ってしまってます


DSC01533.jpg
やはり赤く染まるのは無理かな~。 でも光る海が綺麗
左の崖の先端の岩は刀掛岩。(義経とエゾにきた弁慶が刀を掛けたという伝説が残る岩)

この記事のURL | 道央 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
海な日(てち子発見!ミサゴ発見!?)
- 2010/07/05(Mon) -
島武意海岸のつづきを・・・・・・・・

DSC01435.jpg
下りきるちょっと手前から~


DSC01485.jpg
ズームイン


DSC01478.jpg
下りてからもズームイン
ぎ、ぎ、ぎれい(綺麗)でずぅーーーーーっ!!!(風で発音もブレております!?)

お弁当のタッパーなど軽いものが飛ばされそうになりながら、ここで昼食。
ちょっとあずましく(北海道弁。笑)ないけど、やっぱり積丹ブルーは最高です


DSC01450.jpg
それでも皆さん、結構のんびり~されてます。

下まで降りてこない方も結構いらっしゃるのですが、ここでも随分中国人(韓国?)観光客の方が。
私の印象では、ここ10年位?の間に、かなり増えたように思えますが、どうなのでしょうね?


そして、ここで「てち子」発見!
この記事のURL | 道央 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
海な日(積丹ブルー)
- 2010/07/05(Mon) -
6/26(土)海の日は快晴です。
いや、海の日はまだだけど、我が家は「海日」を過ごしました♪
この日は全道的に晴れマークずらり
「やったーっ!これはあの花と海のコントラストがバッチリだわね~♪」


DSC01352.jpg
向かったのは積丹・神威岬・・・・・あれ?でも何で誰もいないのーーー?
それは強風の為、「通行止め」なのでしたぁ~!(画像は女人禁制の門から)


DSC01350.jpg
そりゃそうだ~!だってこうだものーーっ
門の辺りではカメラを構えることすら難しい状況です


DSC01363.jpg
エゾカンゾウが斜面を染めているようですが、これでは仕方がありません。


DSC01374.jpg
こちらは天狗岩側。なんとか手振れなしの一枚。風は崖に遮られ、細かく波紋してる程度。
撮影場所では、やっぱり風は凄いけど 美しい~



気を取り直して次に向かったのは・・・・・・・・・・・
この記事のURL | 道央 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
貴方しか見えない!?・・・・目国内岳(後編)
- 2010/07/02(Fri) -
「フギレRockフェスティバル」の続きです・・・・・(だから違うって!


DSC01313.jpg
少し上がった場所から下方向へ撮ったところ。


DSC01214.jpg
kimさんも言ってますが、これだけワサワサ・バリバリRock'n'roll してると、何処を撮っていいかわからなくなります


DSC01216.jpg
しょうがないので!?ダンナとてっちと撮ってみました・・・・・・・・・
この記事のURL | 山紀行 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
貴方しか見えない!?・・・・目国内岳(前編)
- 2010/07/02(Fri) -
あっという間に7月ですね!
先週末から北海道も真夏という暑さでした~

予定では定山渓~豊平峡の様子をUPしようと思ってたのですが更新追い付かず・・・・・・
&ロクな写真も撮れてなかったので、その様子は師匠のブログで♪
(ezomomongaさん、手抜きでごめんなさい~


6/18(金)、ニセコ連峰・目国内岳(標高1220m )に、やってきました~。
昨年から「あの花」が見られると目を付けていた山ですが、天候やタイミングが合わず。
またこの時期はタケノコ採りの車で路駐や登山口駐車場が一杯なので・・・・・・・
少しでも空いてるであろう金曜に行く事にしました!



DSC01135.jpg
登り始めるとノウゴウイチゴ(能郷苺・バラ科)のお出迎え♪


DSC01131.jpg
葉を縁取った雫が可愛いです♪



そしてすぐにお目当ての「あの花」が・・・・・・

DSC01139.jpg
フギレオオバキスミレ
この辺りの標高で、まだ蕾も。これは期待出来る~♪

でも、この日の天候はというと・・・・・・・・・・
この記事のURL | 山紀行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。