スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オロフレ山その3
- 2008/06/27(Fri) -
まだまだ続くオロフレ山の花達・・・山頂に近づくと花の種類も替わってきました。
(その2もあるので見てね~)

カラマツソウ
カラマツソウ(キンポウゲ科)
藻岩山で葉が開く様子が美しかったカラマツソウ。
蕾も真ん丸ピンクで可愛いです。

カラマツソウ
花も眩しい白が爽やか~~♪

ハクサンチドリ
ハクサンチドリ(ラン科)
個性的なランの花の形、色鮮やかですね~。

この記事のURL | 道央 | CM(22) | TB(0) | ▲ top
オロフレ山その2
- 2008/06/27(Fri) -
案の定なかなか進みませんが1003mPを過ぎた羅漢岩まで登ってきました。
下を見るとちょっと足がすくむような断崖です。

P6140209 1
でもこんな岩壁にも白い花・・・・・・・

チングルマ
チングルマ(バラ科)
こんな所でもしっかりと~。健気です!(望遠でダンナ撮影)

ウコンウツギ
ウコンウツギ(スイカズラ科)
低木の優しいクリーム色の花も山道に彩りを添えてくれます。


おぉ~そしてありました!下調べで期待してたこの花が~♪

この記事のURL | 道央 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~オロフレ山
- 2008/06/25(Wed) -
数年前の真夏に登ったオロフレ山。
展望が良い山との記憶はあるが、ここは花の山としても有名らしい。
そうだったのね ならばぜひ花の季節に!と行ってまいりました~。(6/14画像)
今回は最近、花撮影で異常に登山に時間のかかる妻。
時間短縮にと登別まで高速を利用しましたがETCで通勤割引半額適用だと¥1200。
が、ゲート通過は9時1分。(割引適用は6~9時) しっかり¥2400でした
いやぁ~日本は時間に厳しい国ですっ!(って他は知らんが?)

おっと、そんな事はどうでもいいですね。先に進まねば~。
でもその前に倶多楽湖(クッタラ湖)に寄りましたのでちょとだけ・・・・・・

倶多楽湖
直径約3kmの小さなカルデラ湖ですが地図で見ると真ん丸で可愛い?です。

流入・流出する川がなく、透明度は高く摩周湖に次いで2位だそうな。
貧栄養湖でプランクトン量に乏しいそうですが1909年にヒメマスが移入され以降養殖が
行われてます。(写ってるのはヒメマス釣りの貸し舟らしい)

近くの林にちょっと入ると・・・・・・・・・

コケイラン
コケイラン(ラン科)初見!

最近、王子はランにも凝ってらっしゃるとか・・・・・・・・
やった~♪見っけ!(←ってそんな珍しい種ではない)

タニギキョウ
足元には小さなタニギキョウが密やかに咲き始めています。

もうちょっと色々咲いていたのですが、さっさと進まなければいつまでたっても終わりません。
さぁ!オロフレ山に進みましょう


この記事のURL | 道央 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ク○○ラ協奏曲!(フィナーレ?)
- 2008/06/23(Mon) -
さて後日・・・・・無事有休を取り、またまたやってまいりました。
前回お伝えしたように、ここには沢山の方がいらしてます。
早い方は午前4時、クマゲラが目覚める前からの待機です。
(ここのクマゲラは朝6時頃からの活動だそう)
午前10時半の到着では順番としてはもう後ろの方ですが、前の横スペースが
葉に時々隠れるけど空いてるとよ、とのお言葉にありがたく設置。

本日は別ポイント。ここは一番多く集まってる場所ですが計4ポイントあるようです。

P6110046 1
一番人が多い頃の様子ですが横二人づつ位に縦7列並んでいます。
(我が家カメラは一番前の左にポツンとあるのです)
V字に見える木の間、奥の白く見えるのが営巣の木です。

和気あいあいという感じで、クマゲラや他の鳥の撮影談議をして待ちます。
平日という事もありご年配の方が多いですが、前列の方達はバッチリ迷彩服で決めてます
格好は勇ましいのですが、話の合間についコックリとしてしまう姿がなんだか微笑ましい?(笑
皆さん、朝が早いのでしょうね。お疲れさまです。

そしてオーケストラ一団はクマゲラ親子が姿を見せるといよいよ演奏開始
一番前の方が指揮者役。マエストロの合図によって協奏曲の始まりです。

この記事のURL | 生き物 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ク○○ラ協奏曲!(序章?)
- 2008/06/21(Sat) -
今度は、とある公園でのお話です・・・・・・・


ワスレナグサ
ワスレナグサ(ムラサキ科)
淡いピンクからブルーのバリエーションが可愛いワスレナグサが優しく揺れ・・・・

ホソバノアマノ
この花は何でしょう?
ホソバノアマナに似てるようにも思えますが花弁表に緑の筋がないですよね?
花弁(でいいのだろうか?)裏と蕾の緑と白のストライプが美しいです~♪

P6110032 1
小川ではスズメが水浴び・・・・・・気持ち良さそうだね~!


って、いえいえ今回の主役はお花ではなく、もちろんスズメでもなく。
・・・・・・・ここには、あの鳥さんがいるのです!!

P6085847 1
待望の主役さんをお待ちの間、カメラチェックに余念のないダンナ。
その鳥さんは一番左、白っぽく見えるトド松にやってきます。

もうお気づきでしょうか・・・・・・・・?
待望の鳥さんの雛はこちらです!!!
この記事のURL | 生き物 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
鎮守の森(後編)
- 2008/06/19(Thu) -
・・・まぁ後編まで引っ張っても、それほど話に変化があるわけではないのですが
夜行性のフクロウの給餌はなかなか貴重という事で、もう少しお付き合い下さい。


羽をバタつかせながらバランスをとり、親鳥に何度もせがみ・・・・・・・・

エゾフクロウ
おいちぃー! お母さん大好き♪(・・・・と言ってるはず!笑)

エゾフクロウ
子供ながらに、もう翼も大きく綺麗です。お母さんも優しい顔ですね。


エゾフクロウ
でも、しつこい我が子に少々うんざり顔も!?(笑。


もう一羽の子フクロウはあまりお腹が空いてないのか別の木に移動・・・・・・・
この記事のURL | 生き物 | CM(17) | TB(0) | ▲ top
鎮守の森(前編)
- 2008/06/18(Wed) -
ここは、とある神社・・・・・・・・・

IMG_4197 3
日本では神社を囲むように森林・山が設定・維持され鎮守の森(杜)と呼ばれています。

ちょっと調べてみると、かつては森林に覆われた土地、そのものが信仰の対象になっており
小高く盛り上がった地形の所では、そこから背後に森が続くところに拝殿も多いとの事。
の深い方に向かって礼拝をする形になっていて、そのものが神の坐す場所であると
考えられていたそうです。(明治神宮など後から森が作られてる所もあります。)

鎮守の森は古くからそのような姿で保存されてきた為、その森林植生は地域の本来の
原植生を残していると考えられ、周辺の自然が破壊されていることが多い現在では
鎮守の森がかつてのその地域の自然を知る為の数少ない手掛かりとなっているそうです。

その為、日本の森林生態学では鎮守の森は重視され、神社林、あるいは社寺林と呼ばれ
調査の対象とされ天然記念物等の形で保護を受ける例も多いとの事です。
※ただし周辺が開発され広く連続していた植生が切り取られる事になると、個体群を維持
出来ない種もあり。また河川工事による渓流の変化、伴う乾燥化等も生じ変化してる例も多い。


あらあら・・・・また前おきが長くなってしまいました。さっさと本題に進まなくては
ここは、とある町の普通に家が立ち並ぶ一画にある規模としては小さな?鎮守の森です。

P6075863 1

そんな鎮守の森に棲むのは、この家族・・・・・・・・・



P6075818 1
この記事のURL | 生き物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
道民の森(森のお話編)
- 2008/06/13(Fri) -
あっさり終えるつもりだったのですが道民の森の立札から辿り少し調べてみると
色々面白い話に行き当たりました。(ご存知の方も多いかとは思いますが)
3歩、歩くとすぐ忘れる私。忘れない内に『森のお話』として少し紹介させてもらいます。


今回訪れた「彫刻の森」の名は自然の力で彫刻された木の事を示しているようです。
幾つか看板が付いた木がありました。例えば・・・・・・・

P5315761 1
嘆きの木。
そうえいばムンクの叫び(嘆き?)にも見えるような? 
そして森の長老が動物達と秘密の会議をする小部屋にも使えそう?

P5315765 1
北海道でも2003年に上陸した台風は暴風・豪雨の大きな被害があり今も各地の
森に爪あとが残っています。 
これもその被害か落雷か?結構大木が倒れてるのを見かけました。

この記事のURL | 道央 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
道民の森(神居尻地区)
- 2008/06/13(Fri) -
何処へ行こうか悩んだお天気の良くない週末。(6/1画像)
札幌はどんよりですが少しでも晴れ間が見えそうな空知方面に向かう事に。

札幌から北東に位置する当別町、月形町に跨る広大なエリアに点在する『道民の森』。
どんな所か気にはなっていたもの機会なく・・・・・・
情報もあまり得られずでしたが偵察がてら行ってみる事に。

<道民の森メモ>
昭和60年の「国際森林年」を期に北海道が道有林など約12,000ヘクタールを活用して
整備を進めた全国でも最大規模の森林総合利用施設。
「森に集う・学ぶ・遊ぶ」をテーマに、神居尻・一番川・月形・牧場南・青山ダム・青山中央の
6地区でレクレーション・スポーツ・文化活動・森づくりなど森林とのふれあいを楽しめます。

道道28号線を当別・月形地区の田園風景を進むと、だんだん山ばかりの風景。
あまり車も走っておらず道路も整備され快適です。今日は一番北東に位置する神居尻地区へ。

P5315732 1
28号線を神居尻地区へ右折するとマスコットの
“フーちゃん”の道路標識がお出迎え。

IMG_3913 1
暑寒別連峰も見えました。(ダンナはこれが見たかったらしい)
左から浜益岳・郡別岳・南暑寒岳だそう。


P5315845 1
案内所で散策コースマップを貰い延長2.5kmの「彫刻の森」のコースへ。
このコースは神居尻山の登山Aコースにもなっているようです。(右下辺りの赤いコース)

コース入口付近の鳥の池の辺りで見つけたのは・・・・・
この記事のURL | 道央 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
魅力の恵庭地区・恵庭ふるさと公園♪
- 2008/06/10(Tue) -
恵庭公園の後、もう少し時間があったので支笏湖へ向かう山側ルートの
途中にある『恵庭ふるさと公園』にも寄ってみました!
この辺りには恵庭渓谷・えにわ湖(ダム湖)があり一段と自然の深い地域です。


恵庭ふるさと公園
ここは前に「ヒメイチゲ」を見て浮かれまくった公園です。(笑
4つの森があり、今日は森のトリム(木材を使用したアドベンチャー遊具)がある
「いこいの森」までちょこっと散策・・・・・・

マイヅルソウ
この時期、何処の散策道にも沢山咲いてるマイヅルソウですが、何度見ても
軽やかな気持ちにさせてくれますね♪

ズダヤクシュ
ズダヤクシュ(ユキノシタ科)

この花を見るのも楽しみです♪ 花弁は針状で花のように見えるのは萼片だそう。
今日見たのは花弁がいっぱいに広がって線香花火のようで可愛かった!


そして散策道をちょっと進むと可愛いあの子が道端に・・・・・・・・・

この記事のURL | 道央 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
恵庭公園(続・スミレ王子追っかけの日々)
- 2008/06/10(Tue) -
前回は、なげぇ~~(笑)記事にお付き合い頂きありがとうございました♪
しかし・・・・サブタイトルを見ておわかりのように王子追っかけの日々は
まだ終わってはおりません。

札幌の隣の恵庭市の公園にスミレの女王と呼ばれる「サクラスミレ」が咲いてるとの事。
それはぜひ見に行かねばなるまいっ 王子の足跡を追いかけまする~!
 
<恵庭市メモ>
人口約6万8千人。札幌市と北の空の玄関口・千歳空港がある千歳市の中間に位置。
千歳川の支流・漁川が市街に流れ、郊外にある三つの滝からなる恵庭渓谷は紅葉景勝地。
近年はガーデニングも盛んで花のまちとしても知られます。
また広大な自衛隊演習場があり関係者も多く住み、北の守りの拠点にもなっています。


札幌市の隣市にもかかわらず、あまり縁がなかった我が家。
でも恵庭市はezomomongaさんのご実家がある街・・・・・
ここは何度か紹介されており、気になってた公園でもあります。

さてさてどんな所なのでしょう・・・・・・♪

恵庭公園

園路には漁川の流木のチップがひかれてるとの事。

ほほぉ~、どれどれ・・・・おぉ~!いい感じです♪ 適度な弾力がありとても歩きやすいです。
最初の3歩でこの公園が気にいりましたぁ~
ちなみにマスコットは漁川(いざりがわ)から “いざりん”
単純です!(笑) 絵だって単純! おにぎり顔に頭から花
う~ん なかなかいい味。憎めないキャラです。


アカゲラ
お天気にも恵まれました アカゲラも嬉しそうに飛び回ってます。

コムクドリ
コムクドリ♂(夏鳥)初見!
それほど珍しい鳥ではないのですが実は初見! 赤茶のほっぺが可愛いです♪

ムラサキケマン
ムラサキケマン(ケシ科)初見!

調べて気付きましたが 先日の藻岩の黄ケマンと同じ名前ですね。
葉の感じは少し違いますが同じ仲間でしょうか。
園路前半にたくさん咲いてました~。

ユキザサ
ユキザサ(ユリ科)初見!

雪のように白い花と笹のような葉から付いた名のユキザサ。
風と木々のハーモニー♪ 歌いだす度キラキラと雪の精達も楽しそうに輝きます。
(↑みーさん、こんなもんでどうでしょう?笑)


この記事のURL | 道央 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
藻岩山・後編(スミレ王子♪追っかけの日々)
- 2008/06/03(Tue) -
<~最初にお断り~>
前編をUPしてから後編を書きました。
昆虫も撮り始めたり、嬉しい事に道外の方も見て下さってるので、山や札幌の様子も
お届けしたく作りましたところ、どんどん膨大!!!!(いつもの事!?)
途中5分の休憩を交えながらなどハーフタイム体制でご覧下さいませ~~



さてさて森にはよく見ると不思議がいっぱい・・・・・・

例えばこの時期続々と咲き始めるクルマバツクバネソウ(ユリ科)。
普通は花柱4本、雄しべ8本、がく片4枚で4の倍数ですが・・・・・

こんなのも。
クルマバツクバネソウ
花柱は5本、雄しべは10本、がく片5枚。 

そして昨年画像ですが、こちらは3の倍数で構成。


春から初夏のこの時期、他にも4枚花のオオバナエンレイソウやミドリニリンソウなどを
探してみるのも散策の楽しみのひとつですね♪


ではこれは何でしょう~?
虫こぶ
この記事のURL | 道央 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
藻岩山・前編(スミレ王子♪追っかけの日々!?)
- 2008/06/02(Mon) -
今日は札幌の藻岩山の様子を♪ 5/24の画像です。
(はい。我が家のブログは、しばらくは10日位前の話だなと思って下さいませ

今回は『金鳳花』のkimさんに“めくるめくスミレワールド”に誘われ藻岩にも咲いてるとの事。
早速行って参りました~!今シーズン、初の登山です。

<藻岩山メモ>
標高531m。札幌中心部に近い南西に位置し、スキー場や観光道路
ロープウェーが整備され頂上からの展望、夜景が観光名所に。
4つの登山ルートもあり、四季折々市民の憩いの山です。


何度か登ってますが今回は初めての小林峠ルート。山頂までは通常1時間45分です。藻岩山登山口
熊出没注意の札は一週間前の情報

札幌でも西区の山麓や南区~定山渓の辺りでは畑を食い荒らしたり山菜取り途中で
鉢合わせなどという事も。 今日は午後からの出発!
まぁ登山客も多い山なので大丈夫でしょう。
※時刻12時。残業続きのダンナと、雑事とブログに追われる?(でも嬉しい悲鳴
妻はすっかり寝坊


緑濃くなった山道に入ると・・・・・・
エゾハルゼミ抜け殻
まだ、やかましい程ではないけどエゾハルセミの声が~
山も初夏の賑わいになり始めました。

こんなのも・・・・・・
サッポロマイマイ
サッポロマイマイ(たぶん?)
なんで札幌????


そして最初に目に飛び込んできた花は・・・・・・・!!!
この記事のURL | 道央 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。