駒ヶ岳!
- 2017/09/10(Sun) -
道南の旅、松前町に一泊してから移動して来たのは駒ヶ岳!!!

昨秋に恵山・海向山の紅葉を見に行ったのですが、ブログUP出来ておらず・・・・・・(^_^;)
と言っても恵山の斜面の紅葉と海向山途中までだったので登頂してみたい気はあったのですが
距離や時間の都合上、今回は初の駒ヶ岳にしました~~~


DSC07350.jpg
赤井川コース、6合目広場の登山口までは、思ったより細くえぐられたダートな箇所もある林道に
ちょっとヒヤリとしながらも到着!駐車場はお天気もまぁまぁよかった事もあってか11時15分頃着でほぼ満車。
さぁ、てっち!がんばろーーーーー!!!



DSC07357_20170907154530858.jpg
ていうかお前ががんばれよーーーー!って感じ?(^_^;)(今年は樽前山に続いて2山目)
えーっとゴールは剣ケ峯の隣の丸い山(円山と言うらしい)の辺り?けっこーあるんでない??
(実際は円山の裾の馬の背まで距離は2キロです)



DSC07362.jpg
登山道は砂礫のザレザレ道。途中、結構えぐられてたり箇所もありますが、全体にはほぼ直線に登る感じです。

この記事のURL | 山紀行 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
タルマイソウ咲く樽前山(7/5)
- 2015/07/11(Sat) -
7月も2週目が過ぎ、北海道は高気圧に覆われた週末・・・・・・・・
夏らしい暑さにもなり、さっそく今日(土曜日)からお山に向かった方も多いのではないのでしょうか?

我が家はダンナが本日は自宅待機のお仕事電話当番、明日も夕方から町内会の会合と
お山に行くかは微妙な感じですが、4月から行われてたマンションの大規模な修繕工事がほぼ終わり・・・・
やっと足場と幕が外され、視界が開けた~~~風が通る~~~~~と、解放感
今年はやむなくマンションの理事長を任されたダンナはまだゴタゴタしてるようでが(ダンナ、お疲れさん!)
何はともあれ夏本番に間に合ってよかったーという感じです(^_^)


という感じで!?(いつものごとく話繋がってないけど(^_^;))
毎回遅いですが、先週末に行った樽前山の様子を~
なんだかんだで我が家の登板数No.1の樽前山ですが
タルマイソウ(別名イワブクロ)の全盛の頃に行ったことがないのでした。
やっぱり樽前山というからにはタルマイソウが咲き誇る頃に行ってみなくては樽前山を語れない!??
という事で今回はタルマイソウばっかしですがお許しを~~~(笑)


ちなみに駐車場はやはり7時30分頃着ですでに縦列後方。
7時45分頃には5合目ゲート待ちになったようでした~


DSC03787.jpg
樹林帯途中の支笏湖展望台から振り返ると、おぉ~雲海!



DSC03797.jpg
さらに高度を上げ樹林帯を抜けると、なかなかの絶景です(^_^)/



DSC03801.jpg
苫小牧方面も雲の下~ 



この記事のURL | 山紀行 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
尻別岳(6/12)後編
- 2015/06/21(Sun) -
DSC03634 1
いったんコルに下だり、ここからは頂上稜線まで一直線の急登です(;・∀・)



DSC03636.jpg
直登は噂どおり!?見るからにキツそうですが、コル付近から見える羊蹄山に雲はなく
山頂からの展望に期待してがんばろー!ε=ヽ(T T)ノ

この記事のURL | 山紀行 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
尻別岳(6/12)前篇
- 2015/06/21(Sun) -
今日は道央辺りは朝からすっきり晴れてますねー。山日和になりそうですがいかかがお過ごしでしょうか~(^_^)/
我が家は午後から公園ウォーキングwithじじばばですが~


さて、またもや前の話ですが6/12(金)、休みが取れ以前から気になっていた尻別岳に挑戦!
展望と春山は花も楽しめるということですが、初夏に差しかかる今時期はどんなんでしょうか~?



DSC03549.jpg
登山口は中山峠方面からですと、ルスツの道の駅を越し、道道257号線に入り、「種苗管理センター」の看板のところから右折。
しばらく走ると右手に「尻別岳入口」の小さな標識がありますので右折して林道は3.5㎞程です。
(右折してすぐにタイヤ消毒用の水溜りがあり。また、登山口にトイレはありません)


IMG_1635.jpg
最初は笹原を進み、まもなくリフト終点が見えます。

この記事のURL | 山紀行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シラネアオイ咲き誇る伊達紋別岳(5・24)後編
- 2015/06/05(Fri) -
DSC03489.jpg
みはらし平を超えて~



DSC03505.jpg
前紋別岳。

この記事のURL | 山紀行 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ